1Password3から4へアップグレードする手順と注意すること


1Password
一つのパスワードで様々なパスワードをiPhone、Mac、Windwosで管理できる「1Password」。

強固なパスワードの作成と管理を「1Pasword3」に頼っているのですが、「1Password 4 for Mac 」が出てもアップグレードには再購入が必要だということで見送っていましたが、
・アップデートがない
・DropBoxなどを使った同期が出来ない(Wi-Fi同期はできている)
・2014年4月14日現在半額セール中

ということで重い腰を上げてアップグレードすることにしましたので僕が行った作業を紹介します。

スポンサーリンク

自分のライセンスキーの確認

既にメーカーサイトで1Passwordを買っていると購入価格が安くなるので「Upgrades for Existing License Owners」で自分のライセンスキーを入力して確認。ライセンスキーは購入時のメールに記載されていた。

自分のライセンスキーを入力するとこのような表示になった。
ライセンス割引がある状態

「1Password 4 for Mac」がApp Storeで2,500円だったのが$19.99なので少し安く買える。

以前はWindowsでも使えるライセンスを買っていたようだが、今はMacしか使っていないので「1Password 4 for Mac」を購入しダウンロード。

ブラウザのアドオンを削除

ダウンロードした「1Password 4 for Mac」を開くと「1Password 拡張機能の問題」が表示されるので「アンインストールの手順」をクリックし手順に従ってFireFoxの拡張機能をアンインストールする。
拡張機能の問題

まず、パスワードがメインの「1Password 3」に入っているか確認し、「1Password 4 for Mac」を一旦終了させる(command+Q)「1Password 3」も同じく終了させる。

次に各ブラウザの拡張機能をアンインストールする。

FireFox

「ツール」→「アドオン」をクリック
ツール アドオン

アドオンマネージャを開き「1password」の「削除」をクリック。
アドオンマネージャ

chrome

「ウインドウ」→「拡張機能」をクリック。
chrome拡張機能

左の「拡張機能」をクリックし、ゴミ箱マークをクリック。
拡張機能

「1Passwordを削除しますか」と聞かれるので「削除」をクリック。
1Passwordを削除

1Password 4 for Macをセットアップ

再び「1Password 4 for Mac」を起動。右下の「素晴らしい!始めましょう」をクリック。
素晴らしい始めましょう

Dropboxで同期をしていたのでDropboxのデータをそのまま使うために以前のマスターパスワードを入力。
Dropboxにデータあり

セキュリティの設定画面。そのままで良いので「続行」をクリック。
セキュリティの設定

リッチアイコンを使う場合はそのまま「続行」
リッチアイコンを使用

1Password miniを使う場合はそのまま「1Passwordを使う」をクリック。
1Password mini

以上でアプリのセットアップ完了。

ブラウザの拡張機能をインストール

各ブラウザで「1Password Extension」へアクセスし「Install」をクリック。
installをクリック

iPhoneと同期

iPhone版の「1Password4」をiPhoneにインストールし立ち上げる。「以前…」を選択。
以前1passwordを

「Dropboxを利用して同期」をタップ。
Dropboxを利用して同期

「許可」をタップ。
許可をタップ

マスターパスワードを入力する。
マスターパスワードを入力

以前Dropboxと同期していたのでこれで設定完了。自動で同期が始まる。

スポンサーリンク

おわりに

絶対に手放せないアプリの一つとなっている1Password。各サービスで違うパスワードを使うのが本当に楽になる。

「1Password4」になってちょっと変わったところがあるのでその辺もしっかり使いこなしていきたいと思います。

iPhone版 1Passwordのダウンロードはこちら↓

Mac版 1Passwordのダウンロードはこちら↓


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク