経験知ロゴ

東京駅と成田空港をバスで格安の1,000円で行き来する方法

東京駅と成田空港を格安バスで移動する

東京駅から成田空港へ行く方法は電車とバスがありますが、僕はバスをおすすめします。

電車は1,500円前後で、0〜2回の乗り換えがあるのに対して、バスだとそのまま空港まで行くことができ、運賃も1,000円と安くて便利です。

電車だと地下に着くのに対し、バスは地上に着くのでチェックインカウンターが近いというメリットもあります。

時間に関しては、電車が1時間20分前後なのに対し、バスは渋滞がなければ65分前後。バスは渋滞のリスクはありますが、休日や祝日、連休、通勤時間など渋滞が予測される時間を避ければ意外と時間通りに着きます。

あと、バスだと必ず座って移動できるのも便利です。

そんな便利なバスなのですが、東京駅と成田空港間を1,000円で運行している会社が2社あり、事前にチケット購入が必要な会社と乗る時に1,000円払えば良い会社があるのでかなり分かりにくいんです…。

僕も初めて乗るときは混乱しましたので、2社の違いを紹介します。

東京シャトルとTHEアクセス成田

東京駅と成田空港間を1,000円で移動できるバスは「東京シャトル」と「THEアクセス成田」です。

「東京シャトル」は、京急バスが運行する東京駅-成田空港間のシャトルバスの名前。

「THEアクセス成田」は、あすか交通が運行する東京駅-成田空港間のシャトルバスの名前です。

これを理解していないと、空港などで係の人にバス停の場所などを聞いたりする時に混乱します。

「東京シャトル」を「京急バス」と呼ぶ人もいるので、ちゃんと調べないで乗ろうとした僕は「東京シャトル」と「京急バス」が別のバスだと思ってめっちゃ混乱しましたからね…。

  • 東京シャトルは、京急バスが運営するシャトルバスの名前。
  • THEアクセス成田は、あすか交通が運営するシャトルバスの名前。

まずはこれをしっかり理解しましょう。

乗り方の違い

この2つのバスは乗り方が違います。

東京シャトル

京急バスが運営する「東京シャトル」は事前にチケットを購入する必要があります。

オンラインで購入することもでき、当日カウンターで購入することもできます。(オンラインで2日前に購入すれば900円になる)

発券されたチケットを持ってバス停に並び、乗車時に係の人に渡して乗ります。

THEアクセス成田

あすか交通が運営する「THEアクセス成田」は乗車時に1,000円支払うので予約不要で乗れます。

支払いは現金かSuicaなどのICカードが使えます。(他に使えるICカードはこちら

予約不要なので、乗れる時間が曖昧でも大丈夫ですが、満員だと乗れない可能性がありますが、確実に乗りたい場合はオンラインで事前予約もできるので選択肢が豊富です。

事前予約による割引がないのは残念。

乗り場の違い

注意が必要なのが乗り場です。

東京駅では乗り場が違いますが、成田空港では第1、第2ターミナルが同じバス乗り場なので注意が必要です。

第3ターミナルは別の乗り場なのでわかりやすいです。

東京駅

東京駅では、東京シャトルが八重洲北口から徒歩2分と少し歩きますが、THEアクセス成田は八重洲南口を出てすぐ、JR高速バス乗り場の7番でわかりやすいです。

東京駅から乗る場合はTHEアクセス成田をオススメします。

成田空港

「東京シャトル」「THEアクセス成田」共に、第1ターミナルは31番乗り場。第2ターミナルは2番と19番乗り場です。

同じバス停で待つので、乗る時に多少の混乱があります。

東京シャトルのチケットを買って並んだ人が、THEアクセス成田に乗ろうとして拒否されたり、チケットを買っていない人が東京シャトルに乗ろうとして拒否されるなど結構もめてます。

最悪のパターンは、チケットを買わないで東京シャトルに乗ろうとし、拒否されてチケット売り場を聞いて一旦空港内へ戻って東京シャトルの購入し、戻ってきて並び直して乗ろうとしたらTHEアクセス成田で他社のチケットだから乗れないと拒否されることです。

両社とも10分おきに交互にやってくるので結構ありえます。

バス停に係の人はいますが、説明が不十分なので一つのバス停だけどバス会社が2つあって乗り方が違うというのが理解しづらいんですよね…。

成田空港から乗る場合は、到着後に空港内のチケットカウンターで東京シャトルのチケットを予約して乗ることをオススメします。

そうすれば乗れる時間がハッキリするので、乗車時間までどこかで時間を潰せますからね。

注意が必要なのが、飛行機に乗る前に予約すべきではないということです。

飛行機の到着が遅れる可能性もありますし、バスターミナルに着くまでどれだけ時間がかかるかわからないですからね。

THEアクセス成田は、満員で乗れなかったらずっと並んでいないといけないし、時間が見通せないのが不安です。でも、空いてたらすぐ乗れるメリットはありますよ。

その他の違い

後はトイレがあるかないかですね。

東京シャトルはバスにトイレが付いていませんが(一部ついているものもある)、THEアクセス成田はトイレ付きのバスです。

乗車時間は1時間ちょっとですので大丈夫だと思いますが、トイレが近い人はTHEアクセス成田の方が良いですね。

渋滞が起きたときは更に時間がかかるので、トイレがあると安心です。

両替を激安にする方法

海外旅行へ行く時、空港や現地の両替所で現地通貨を両替していたらめっちゃ損していますよ。

詳しくは下記記事で紹介していますので、知っていたら旅が更に楽しくなりますよ♪

おわりに

東京駅から成田空港へ格安バスが出ているのは知っていたのですが、ややこしいということを聞いて使っていませんでした。

でも、実際に使ってみたら便利だったので、しっかり調べて理解できてよかったなと思います。(調べててもややこしかったですがw)

てか、成田空港遠いわ!!

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから