経験知ロゴ

日々の経験を知識として発信するブログ

ATOK for iOSで文字入力ができなくなった場合の対処法

ATOK for iPhoneで文字入力が出来ない
iOS8から他社製のIMEが使えるようになり、iPhoneの文字入力を激的に改善してくれると期待されていた「ATOK for iOS」ですが、文字入力ができなくなる症状が出る場合があります。

原因がアプリにあるのかiOS側にあるのか分かりませんが、文字入力ができなくなると最強に困ります。
10月8日追記:
ググタスのコメントで、他のIMEアプリではこのような症状が出ていないのでATOKの問題だと教えて頂きました!ありがとうございます!
追記終わり

僕の場合キーボードはATOKと英語の二種類しか登録していないので、日本語入力をしたいときにこの症状が出ると詰みます。

この症状は入力中に突然なる場合もあれば、文字入力中にホームボタンを押したり、自動ロックがかかったりした後に現れるようです。

iPhoneの再起動で直るのですが、症状が出る度に再起動するのは煩わしいので、いろいろいじっていたら対処法を見つけたので紹介します。

※環境は
iOS8.0.2 ATOK for iOS 1.0.2

こちらの記事も要チェック!

フルアクセスを許可

フルアクセスを許可を一度オフにして再びオンにすると直る。

「一般」→「キーボード」をタップ。
一般キーボード

「キーボード」→「ATOK − ATOK」をタップ。
キーボードをタップATOKをタップ

「フルアクセスを許可」をタップしオフにしてから再びタップしてオンにする。
フルアクセスを許可をオン・オフ

以上の操作をした後文字入力画面に戻ると、キーボードの再読み込みのような動作が起きてから再び入力することができる。

おわりに

ATOKの文字変換は、こんな言葉も候補に出てくる!と、度々思わせてくれるほど快適です。

しかし、リリースして間もないことと、iOS8が明らかに不完全なことが合わさり、残念な部分も多少見受けられます。

新しく切り替わる時期ではしょうがないことかもしれませんが、早く安定して欲しいですね。

▼この記事をシェアできるリンク


▼このブログをフォロー・RSS購読できるリンク