AWS+AMIMOTOでWordPressをインストールする方法


AMIMOTOインストール画面

【AWS】AMIMOTO(HTTP/2)でLet’s Encryptを使い無料SSL証明を取得して設定する方法」の続きです。

スポンサーリンク

WordPressをインストール

AWSのインスタンスIDをコピーして設定画面にペーストし、「Next Step」をクリック。
インスタンスを入力

ここからは通常のWordPressのインストール。日本語を選択し「続ける」をクリック。
WordPressをインストール

データベースの作成やユーザ名、パスワードなどの設定はAMIMOTOがやってくれてあるので普通より簡単にインストールできる。

必要事項を入力し「WordPressをインストール」をクリック。
WordPressインストール画面

インストール完了。
インストール完了

コードを更に理解する

WordPressをより自由に、思い通りに使用するにはPHPの知識が必要です。

PHPを学ぶには、Web上での情報や知識には限界があるので、人に教えてもらうのが一番の近道です。

そこでオススメなのが「CodeCamp」です。

マンツーマン指導なので、わからないことはすぐ聞けて、無料体験レッスンもあるのでどんな感じか試せます。


ITエンジニア専門スクールもオススメです。

スポンサーリンク

おわりに

AWSとAMIMOTOで簡単にWordPressの環境が作れます。

しかし、HTTPSに対応する部分でかなりつまづきました。

この辺は後々改善されていくと思いますのでもっと手軽になると思います。

【こちらの記事も要チェック!】
AWSでAMIMOTOのインスタンスを作成する方法
AWSとAMIMOTOでHTTP/2対応の高速WordPress環境を構築する方法。もちろんhttps対応。
AWSで独自ドメインを設定する方法
【AWS】AMIMOTO(HTTP/2)でLet’s Encryptを使い無料SSL証明を取得して設定する方法


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク