ビールが水よりも大量に飲める理由を知ってしまった


ビール画像

お酒を飲み始めた若い頃に抱いていた疑問

「同じ水分なのに、ジョッキ一杯の水は飲み干すのがキツく、ビールはジョッキ何杯でも飲めるのはなぜか?」

ふと、思い出したら気になってしょうがなくなったので、調べてみました!

スポンサーリンク

ビールと水とでは吸収される場所が違う

水分を摂取すると、食道を通り胃に溜まります。

水は胃では吸収されず、到達まで30分以上かかる腸で吸収されるため、スグに胃が満杯になってしまいます。

これに対して、ビールに含まれるアルコール(エタノール)は胃で吸収されます。エタノールは水とつながりやすい構造をしているので、水分も一緒に吸収されるため、胃が満杯になりにくいのです。

更に、エタノールは体内の水分を再利用する酵素の働きを抑えるのに加え、利尿作用で水分が体の外に出してしまいます。それによる脱水を防ぐために更に飲めるようになるので、水より沢山の量が飲めるということになります。

以上がビールが水よりも大量に飲める理由です!

最後に

「飲む→喉が渇く→飲む…」のループは恐ろしいですね〜。さすがに途中で酔って飲めなくなりますがw

私は飲み終わった後に水を飲みたくなり、水やお茶などを飲むのですが、この行為が上記ループから抜け出す手段だっんだなと気づきました。無意識にやっていたんですね!

禁酒の方法は水をひたすら飲みまくることだったりしてw


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク