経験知ロゴ

超軽量の雨ガッパ「モンベル バーサライトジャケット」レビュー

モンベルバーサライトジャケット

海外旅行の雨対策と防寒対策にレインウェアを持っていくことにしたのですが、しっかりとしたレインウェアは重いのでLCCの機内持ち込み7kg制限で旅をする僕にとって悩ましい問題となっていました。

海外旅行用品が高機能かつ低価格で手に入れられるモンベルで軽量レインウェアを探したところ、バーサライトジャケットを発見。

Mサイズで168g(スタッフバッグ込みで174g)と、綿の半袖Tシャツとほぼ同じ重さにもかかわらず、登山で使える防水性と透湿性を備えたレインウェアです。

2018年にリニューアルした商品はMサイズで134gと更に軽くなったのですが、ポケットが無くなってしまったのが残念なので、少し重くなってしまいますがポケットを求めて旧モデルを購入しました。

この記事では、2017年以前の旧モデルもモンベルバーサイトジャケットを紹介します。

モンベルバーサライトジャケットの写真

XLサイズが欲しかったのですが、旧モデルなのでカラーのサイズがなく、在庫があったホワイトを購入。
モンベルバーサライトジャケット ホワイト

名前はホワイトだが、実際に見てみるとシルバーに近い。バーサライトパックのホワイト(左)と比べるとこんなに違う。
ホワイト

ちゃんとした止水ジッパーで、シルバー部分は反射材になっていて夜道で目立つようになっている。
ジッパー部分

フードはドローコードで顔の周囲と奥行き、ベルクロでひさしの上下の3カ所でフィット感の調整が可能。
IMG 1751

首部分にはループが付いていて、濡れた後などフックに掛けることができる。
引っ掛ける用のループ

ポケットは左右にひとつずつ。2018年モデルは軽量化のためこのポケットがなくなっている。
サイドポケット

脇にはベンチレーション。
脇のベンチレーション

開くとこのような感じ。中のメッシュが見える。
ベンチレーションを開いたところ

スタッフバッグの絞る場所は2箇所。
スタッフバッグ

スタッフバッグの重さは6g。
スタッフバッグの重さは6g

スタッフバッグ込の重さは183g。ジャケット自体は177g。
重さは138g

モンベルWebサイトに記載されている重量は、Mサイズで168gということなので、MサイズとXLサイズで9g違う。

実際の使用感

実際に着てみた使用感を紹介します。

柔らかく着やすい

素材のスペックをモンベルWebサイトより引用。

モンベルが独自に開発した防水透湿性素材。

雨や雪の侵入を防ぎながら汗の水蒸気をスムーズに放出するポリウレタンメンブレンを生地に貼り付けた素材です。

耐水圧20,000mmを維持しながら、透湿性15,000g/平方メートル・24hrs(JIS L-1099B-1法)を備えます。
超耐久撥水性(洗濯20回以上)も実現。

柔らかな着心地もドライテック採用アイテムの大きな特長ですモンベル バーサライトジャケット Men’s

柔らかな着心地とうたっているように、柔らかいウインドブレーカーのような肌触りと生地の柔らかさでとても着やすいです。

圧倒的な軽さとコンパクトさ

僕が持っているマムートのゴアテックスジャケットの重さは380gです。

バーサライトジャケットは183gなので、重量が半分以下になりました。

飛行機の機内持ち込み7Kg制限の中で、190gの軽量化はとても大きいです。

しかも、サイズも4分の1ほどまで小さくなったので、パッキングもしやすくなりました。

圧縮すれば更に小さくなるので、荷物の隙間に入れることができるので持ち運びがしやすいです。

XLを選んだ理由

身長178cmの僕ですが、普通に着ればサイズはMサイズでも大丈夫そうでした。

しかし、冬にダウンジャケットの上から着ることも想定しているので、一番大きなサイズに決定。

モンベルの「アルパインダウンジャケット」は厚手のダウンジャケットですが、その上からでもバーサライトジャケットを着ることができます。

夏の薄着の時に着るのはちょっと大きく、袖がかなり長いですが、袖口にマジックテープがあり、それで調整することで問題なく着ることができます。

肌に直接触れても気持ち悪くない生地なので、半袖の上に着ても大丈夫です。

ポケットが必要な理由

バーサライトジャケットは雨の日用だけでなく、普段の防寒着としても使うつもりでいます。

僕は冬場はモンベルのトレイルアクションパーカーを着ているので、風よけ用のシェルとして使う予定です。

なので、ポケットがあったほうがいろいろなものを入れられて便利なので、ポケット付きの方が良いのです。

最新のバーサライトジャケットならあと35gぐらい軽くなりそうですが、多少重くなっても利便性を取りました。

耐水性はまだ不明

幸いなことに、まだ雨の中で使う機会は訪れていません。

モンベル独自の素材ということで耐水性に興味がありますが、登山などハードな使い方をする予定はないので、問題ないと思います。

両替を激安にする方法

海外旅行へ行く時、空港や現地の両替所で現地通貨を両替していたらめっちゃ損していますよ。

詳しくは下記記事で紹介していますので、知っていたら旅が更に楽しくなりますよ♪

おわりに

モンベルのバーサライトジャケットについて紹介しました。

軽量コンパクトに特化したジャケットということで、重要度の低い機能はとことん削っているのが素晴らしいですね。

ただ、個人的にポケットはほしいところだったので、最新バージョンではなく旧バージョンを買いました。

軽くて性能の高いレインウェアはとても便利です。

常にバッグの片隅に入れておくようにします。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから