bingウェブマスターツールのクリックスルー率は無視された率じゃないの?


Bing検索画面
bingウェブマスターツールに登録してようやくレポートが出はじめました。

そこでどんなキーワードで検索されたのか見ていたのですが、数字をみていてクリックスルー率に疑問を持ったので調べてみました。

スポンサーリンク

クリックスルー率0%?

キーワード検索のレポート画面に表示された数字。
表示回数「21」回中クリック数「0」でクリックスルー率「0%」。
bingのクリックスルー率

ん?

クリック「スルー(無視)」が0%ってどういうこと?

表示回数「21」で一回もクリックされていないから無視率100%じゃないの?

bingウェブマスターツールの使い方を見てみる

Bing 使い方ガイド Bing ウェブマスター ツールの使い方 | Discover Bingを見てみると

クリックスルー率:検索総数に対し、 実際にクリックされた回数の割合

とあった。

クリックスルー率は「検索総数に対し、 実際にクリックされた回数の割合」という意味で使われているなら「0%」という数字の意味も納得。

そこで更に出て来た疑問。

そもそもスルーってどういう意味だ?

through(スルー)とは

throughの意味 – 英和辞典 Weblio辞書 より

[貫通・通過を表わして]a…を通って,…を貫いて.

ということは、クリックスルー率は

クリックを通して(自分のウェブサイトへ来た)率

という意味になるのか。

じゃあスルー(無視する)は?

無視するという意味のスルーは

スルー(するー) – 日本語俗語辞書 より

スルーとは英語の”through”からきたカタカナ語である。 ドライブスルーなど熟語として入ってきたものの多くは、英語本来の意味である「…を通り抜けて」「…を通じて」といったニュアンスで使われた。これが1990年代に入り、「聞き流す」といった意味で使われるようになり、更にそれが転じて「気にしない」「無視する」といった意味でも使われるようになる。

なるほど。私の「スルー」の認識はこちらだったから今回の疑問が起きたわけだ。

和製英語の罠にハマりました。

スポンサーリンク

おわりに

bingさん疑って申し訳ありませんでした。私の言葉知らずが原因です。

おかげで一つ賢くなれました。


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク