経験知ロゴ

見た目がかわいい「BRUNO オーブントースター」レビュー

ブルーノ

家電量販店でオーブントースターを探していたところ、BRUNO(ブルーノ)のオーブントースターに一目惚れしました。

おしゃれな見た目で、機能はシンプル。価格も税込6,600円(2022年7月現在)と比較的安かったので購入。

見た目が良く、キッチンに置いても映えていたのですが、焼きムラが酷くてガッカリしましたorz

実際に使ってみた感想を紹介します。

BRUNO オーブントースターの写真

外箱もおしゃれな感じで、表面はツルツル。
オーブントースターの外箱

外観はとてもシンプルで、色合いも落ち着いた赤と少しクリーム色がかった白の組み合わせがとても良い。
一目惚れした外観

パンくずトレイ付きで比較的掃除はし易い。
パンくずトレイ

トースターの中は一般的なトースターと同じ構造。
トースターの中身

付属品は、アミとベイキングトレイ。
アミとトレイ

ヒーターは、上下、上だけ、下だけ、OFFが左のダイヤルで選択でき、右のダイヤルで焼き時間調整。
タイマーとスイッチ

5分以下で設定する場合は、他のトースターと同様に一度6分以上に回してから希望の時間にセットする方式。

ゼンマイ方式のタイマーは、バネが戻る時間を利用しているため、ある程度タイマーつまみを回さないと、途中で止まったり早く切れる可能性があるので一旦大きく巻く必要があります。

実際に焼いてみた

実際に焼いてみました!ワクワクしながら焼いたのですが…

奥半分だけ強く焼け、手前は焼きが足りない状態にorz
焼き加減

置く位置を手前にしたり左右にずらしたりなど、数日試したのですが、全てこの状態です。

サポートに問い合わせてみたところ、その症状なら交換するということで、交換になりました。

10日後に届き、最初に購入したトースターは引き取ってもらったのですが…。

焼きムラは変わらず、奥が強く焼け手前は焼きが足りない状態…。
焼きムラは変わらず

もう、こういう仕様なんでしょうね。

諦めて、別のものを探すかこのまま使い続けるか考えることにします。

実際に使ってみて良かったところ

いちばん大事な焼き加減がダメダメですが、一応良かったところも紹介します。

見た目が良い

見た目はとても気に入っています。

シンプルなデザインで、従来の「the・オーブントースター」感が無く、キッチンのインテリアとしても使える見た目は良いですね。

同シリーズには、ウォームグレーもあるのですが、レッドの色合いの方が個人的には好みです。
ウォームグレー

タイマーの音も良い

タイマーの音も、「コッチ、コッチ…」という音が心地よく、初めて焼き始めたときのワクワクはすごかったです。

見た目だけでなく、タイマーの音まで気を使っているのか!と。

一般的なトースターは、「ジーーーー」というゼンマイそのままの音ですが、心地よいタイマー音はとても良かったです。

(そこで期待した分、焼きムラが酷いのはすごく残念でしたが…。)

使ってみてイマイチだったところ

使ってみてイマイチだったところも紹介します。

焼きムラが酷い。ただそれだけ

不満点は一つだけ。先程も紹介したように、焼きムラが酷すぎます。
焼き加減
焼きムラは変わらず

交換品も変わらずでしたので、見た目が良いだけにとても残念。

食感も、焦げた部分と半焼けの部分があるので、良くないです。

見た目は良くても、本来の仕事をしてくれないと使いものにならないので、とても残念です。

おわりに

見た目が気に入っていただけに、焼きムラがひどいのはとてもガッカリしました。

交換品に期待して到着を待っていたのですが、それも変わらなかったときの2重のガッカリ感は本当に辛かったです。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから