CentOSでPHPをバージョンアップする方法


phpゾウ
CentOSでMySQLをバージョンアップさせる方法」に続き、PHPも最新バージョンへアップデートさせる方法をメモ。

※「Nginxでお手軽にメンテナンス画面を表示する方法」でメンテナンス画面を表示させる環境を作ってから実行する。

スポンサーリンク

PHPをバージョンアップする

僕はremi リポジトリを使用した。未だ導入していなかったので、remi リポジトリを追加。既に追加してある場合は飛ばしてOK。

$ sudo rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

アップデートの確認をする。

$ yum --enablerepo=remi check-update

新しいアップデートがあった場合更新する

$ sudo yum --enablerepo=remi update

Nginxでお手軽にメンテナンス画面を表示する方法」で設定した方法でサーバーをメンテナンス画面にする。

$ sudo touch /var/tmp/do_maintenance

APCはPHP5.5 では利用できないので、更新前にアンインストール。

$ sudo yum remove php-pecl-apc

PHP を5.5 に更新

$ sudo yum update php --enablerepo=remi-php55,remi

APCの代りにZend OPcache をインストールしてオペコードキャッシュを有効にする。

$ sudo yum install php-opcache --enablerepo=remi-php55,remi

これでOKなはずだが、一部表示されないページがある。表示されるページはプロキシキャッシュが残っているからだと考えキャッシュを削除

$ sudo rm -fr /var/cache/nginx/cache/*

案の定全てのページが「502 Bad Gateway」
502Bad Gateway

「502 Bad Gateway」はサーバー間のエラー。調べた結果「Nginx+PHP-FPMでUNIXドメインソケットを使っていてハマる | 設定やツールねた」の方法で解決。

$ sudo vi /etc/php-fpm.d/www.conf

を開き、「listen = /var/run/php-fpm/php-fpm.sock;」の下に「listen.mode = 0666」を一行追加。

listen = /var/run/php-fpm/php-fpm.sock;
listen.mode = 0666

php-fpmを再起動。

$ sudo service php-fpm restart

これでチャント表示されるようになった!

ブログがちゃんと表示されているか確認をしてからメンテナンス画面を終了させる。

$ sudo rm /var/tmp/do_maintenance

以上で完了。


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク