CentOS+NginxにWordPressをインストールする。


WordPress  日本語

CentOSとNginxの設定が終わったのでWordPressをインストールし、マルチサイトで運用するまでのメモ。
前回までは
さくらVPSでCentOS+Nginx+WordPressを動かす
MacでさくらVPS CentOSの初期設定

スポンサーリンク

WordPressのインストール

NginxのデフォルトのWebルートが「/usr/share/nginx/html」なので、
「/usr/share/nginx/html/wordpress」をWebルートにする。
最新版のWordPressをダウンロードし、解凍する。
「x.x.x」の部分は最新のWordPressのバージョンを入力。

$ cd /usr/share/nginx/html
$ wget http://ja.wordpress.org/wordpress-x.x.x-ja.zip
$ unzip wordpress-x.x.x-ja.zip

Webルートの権限をNginxに設定

$ sudo chown -R nginx.nginx /usr/share/nginx/html/wordpress
$ sudo chmod -R g+s /usr/share/nginx/html/wordpress

phpMyAdminでデータベースを作成

前回設定したphpMyAdminでWordPress用のデータベースを作成する。

WordPressの設定

自分のドメイン「example.com」にアクセスして指示通りに設定を進める。

マルチサイトの設定

「wp-config.php」を開き

# vi /usr/share/nginx/html/wordpress/wp-config.php

下記の一行を適当な場所に追加。

define('WP_ALLOW_MULTISITE', true);

WordPressのダッシュボードを開き、左のメニューの「ツール>ネットワーク」を選択。
サブドメイン形式を選択し、必要事項を記入しインストールをクリック。

もう一度「wp-config.php」を開き

$ vi /usr/share/nginx/html/wordpress/wp-config.php

下記の内容を追加する「example.com」は自分のドメインに設定。

define('MULTISITE', true);
define('SUBDOMAIN_INSTALL', true);
$base = '/';
define('DOMAIN_CURRENT_SITE', 'example.com');
define('PATH_CURRENT_SITE', '/');
define('SITE_ID_CURRENT_SITE', 1);
define('BLOG_ID_CURRENT_SITE', 1);

WordPressのダッシュボードにログインすると、ネットワーク管理者としてログインするので、
ダッシュボードの左メニュー「サイト>新規追加」から新しいサイトを作成する。

以上がさくらVPSでCentOSで、NginxとWordPressを動かす際に設定した内容のメモ。

その他の記事
さくらVPSでCentOS+Nginx+WordPressを動かす
MacでさくらVPS CentOSの初期設定
CentOSでNginxとPHP、MySQLを動かす。


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク