経験知ロゴ

ロジクールの有線ゲーミングマウス!あんまりオススメできないG402レビュー

ロジクールG402レビュー

ロジクールの有線ゲーミングマウスG402を購入しました。

ロジクールのゲーミングマウスでは4,000円台と一番安く、入門的な意味合いを込めての購入です。

使ってみて具合が良ければロジクールのハイエンドゲーミングマウスを買う予定。

実際に使ってみましたので紹介します。

商品写真

通常のマウスに比べて左側に5つボタンがあります。親指部分に3つ人差し指部分に2つ。
外観

右側から。
G402の右側

真正面から。
G402を真正面から

裏側。
G402裏側

G402の良いところ

クリック感やボタンの反応は普通

クリック感やボタンの押しやすさは問題なく、普通に動作しています。

しかし、人差し指部分の2つのボタンは、手の大きさやマウスの持ち方によって押しやすさが変わってくるはずです。

僕は比較的大きめの手で、つまむような感じで持っているのでどのボタンも操作できています。

他のレビューを見ると、人差し指部分の2つのボタンが押しやすいという人と押しづらいという人がいるので、家電量販店などで実際に触ってみた方が良いです。

人差し指部分のボタンは結構便利ですからね。

G402の良くないところ

G Hubがバグまみれで使い物にならない

ロジクール製品はG Hubというアプリで感度設定やボタン設定をするのですが、このアプリが使いづらく、設定したキーが動作しないなどのバグが多く使い物になりません。

UIも最低で、説明書もないのに直感的な設定ができないですからね。

ボタンが効かなくなったらアプリを再インストールする必要があり、再インストールするしたら全て再設定し直さなければならないので大変です。

アプリのリリースから1年以上経っても改善されないので、ロジクール製品を使う人は頻繁に設定の手入れが必要なのを覚悟して買う必要があります。

僕はロジクール製品をおすすめしませんし、今後二度と買いません。

有線が邪魔

FPSなどの反応速度が必要なゲームの場合、少しの遅延が命取りになるので無線ではなく有線を選びました。

しかし、マウスの感度を低くして操作の正確性を上げるローセンシ設定にする場合、マウスを大きく動かす必要があるので有線だと途中で線がピンと張ってそれ以上操作できなくなります。

机の上にコードを余裕をもたせて配置していても、操作をしているうちにズルズルと落ちていき、コードが張ることで操作に支障をきたすということが何度かありました。

コードが張るときって戦闘シーンで激しく操作しているときがほとんどなので、戦闘中に操作が邪魔されるのはとても腹立たしいです。

無線通信も、ゲーム用に遅延の問題を解決したモデルがあるので買うなら無線の方が良いです。

プロも普通に無線のゲーミングマウスを使っていますからね。

リフトオフディスタンスが長い

マウスを持ち上げた時、どこまでマウスが反応するかの距離がリフトオフディスタンスです。

G402はリフトオフディスタンスが長く、持ち上げても少し反応し続けてしまいます。

例えば、ゲームで左を向くため左に大きく2回マウスを動かした時、マウスを浮かせて一旦右に動かすとマウスが反応して画面が少しだけ右に動いてしまいます。

これが地味に不快で、正確さを求められるシーンで使い物になりません。

リフトオフディスタンスの設定はG Hubでもできないので、常に付き合っていく必要があります。

おわりに

ゲーミングマウスということですが、リフトオフディスタンスが長いのは致命的だと思います。

正確な操作が求められないゲームなら大丈夫ですが、競技性があるゲームでG402を使うのは不利です。

ロジクール製品は不具合が多く、サポートに問い合わせてもトンチンカンな回答しか返ってこないので買わないほうが良いですよ。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから