経験知ロゴ 経験知トップへ

Horizon WorkroomsをOculus Quest2ではじめる手順

horizon WorkRooms

2021年8月19日、バーチャル空間でVR会議ができる「Horizon Workrooms」のベータ版をFacebookが発表しました。

会議ツールはZOOMなどのディスプレイ越しのコミュニケーションが一般的ですが、ディスプレイの中だけでしかコミュニケーションが取れないという制限があります。

VR空間なら、相手が同じ場所にいる感覚で会議できるので、既存の会議ツールの臨場感を上げてくれるはずです。

Horizon Workroomsのはじめ方が分かりづらかったので、この記事ではじめる手順を紹介します。

Oculus Quest2にHorizon Workroomsをインストール

「オキュラスボタン」を押してメニューを表示させ、「Store」→「検索」を選択。
検索

検索バーの下のタグに「horizon」があればそれを選択し、なければ「horizon」と入力して検索し、「Horizon Workrooms」を選択。
Horizon Workroomsを選択

「入手する」を選択してインストール。
入手する

インストールが進行している間にWorkroomsアカウントを作成すると効率が良いです。

Workroomsのアカウント作成

Horizon Workroomsを使うには、Facebookアカウントの他にFacebookのWorkroomsアカウントを作成する必要があります。

Oculus Quest2のブラウザを使っても良いですが、PCブラウザの方が文字入力やメール認証が簡単なのでPCブラウザで作成するのがおすすめです。

Workrooms | ビジネス会議用VR」にアクセス。「登録」をクリック。
登録をクリック

メールアドレスを登録し、「次へ」をクリック。
メールアドレスを登録

入力したメールアドレスに認証コードが送られてくるので、メール内にある「Workrooms認証コード」をコピペすると、自動で認識して次のページが表示される。
認証コード入力

これでWorkroomsのアカウント作成完了です。

会議の作成とOculus Quest2とPCの接続

会議をはじめるには、「新しいWorkroomsチームを作成をクリック。
登録完了

チーム名、自分の氏名、チームに入るためのパスワードを入力し、「次へ」をクリック。
チームを作成

注意事項を読み「次へ」をクリック。
注意事項

設定中の表示がされます。
設定中の表示

ペアリングの画面が表示されたらOculus Quest2の設定に移ります。
ペアリングの画面

Oculus Quest2でHorizon Workroomsのインストールが完了しているはずなので、「開く」をクリック。
開くをクリック

「デスクが必要です」と表示されるので「作成」をクリック。
デスクの作成

デスクの平面設定が表示されるので、映像の動作のように、コントローラーのトリガーを押しながらデスクの表面をなぞる。
デスクの平面を設定

デスクの高さ調整は、コントローラーをデスクの上に置けばOK。コントローラーから手を離すとコントローラーの接続が切れてしまうため、離さず設定が終わるのを待つ。
デスクの高さ調整

デスク設定が完了したら「確定」を選択。
確定をクリック

「開始する」を選択。
開始する

ペアリングコードが表示される。
ペアリングコード

ここで操作をPCに戻します。

Oculus Quest2で表示されたペアリングコードをPCブラウザに入力して「送信」をクリック。
ペアリングコード入力

「〇〇としてログイン」をクリック。
ログイン

Oculus Quest2を装着するとペアリングが終わっているので、「開始する」を選択。
開始する

アクセスの許可画面が出るので、内容をよく読み「次へ」を選択。
アクセスの許可

「許可」をクリック。
許可

メディア、ファイルへのアクセスを許可。
メディアへのアクセス許可

VR内で、他人から自分がどのように見えるかのアバター設定。必要ない場合は「スキップ」で飛ばせる。
アバターの設定

「アバターの作成」を選択。
アバターの作成

好みのアバターを選択して「次へ」を選択。
アバター選択

細く設定をして、気に入ったら「アバターを保存して次へ」をクリック。
設定を細かく

「次へ」を選択。
次へ

「次へ」を選択。
次へ

「開始」をクリック。
開始

しばらくするとホーム画面が表示されます。コントローラーを置くと、手を認識して親指と人差指でつまむと操作できます。
待機画面が表示される

会議をはじめる

会議をはじめるには、「ホーム」→「ルーム」→「ルーム名」をコントローラーで選択するか、手の操作で親指と人差指でつまみながら選択します。
会議をはじめる

ルームの起動は10~30秒ほどかかるので、暫く待つ時どうされます。

会議に招待する

Workrooms | ビジネス会議用VR」にアクセスし「ログイン」をクリック。
ログインをクリック

ログインできていない場合はログイン画面が出るのでメールアドレスを入力してログインしてください。

ログインの際に、認証コードを入力は毎回必要なようで、ちょっと面倒です。

ログインすると、自分が作成したWorkroomsが表示されるので、参加者を招待したいWorkroomsを選択。
Workroomsを選択

招待したいWorkroomsをもう一度選択。
Workroomsを選択

「ユーザーを追加」をクリック。
ユーザーを追加をクリック

メールアドレスを入力すると、アドレス入力欄の下に入力したメールアドレスが表示されるので、それをクリックするとメールアドレスが四角い枠で囲われ「追加」がクリックできるようになるので「追加」をクリック。
メールアドレスを追加

これで招待メール送信完了です。

会議への参加には、Workrooms作成時に設定したルームのパスワードが必要になるので、招待した人にパスワードを伝えます。

会議に招待される

Workroomsの招待メールは下記のようなものが届くので「利用を開始」をクリック。
Workroomsの招待メール

プロフィールの入力画面が表示されるもで、自分の名前と管理者から教えてもらったパスワードを入力し「次へ」をクリック。
プロフィールを作成

注意事項を読み「次へ」をクリック。
注意事項を読み次へ

Oculus Quest2のペアリングの設定が表示されるので、上記で紹介した手順でOculus Quest2とのペアリングを行います。
Oculus Quest2のペアリングの設定

Oculus Quest2でHorizon Workroomsを起動し、初期設定を終えたら「ホーム」→「ルーム」→「ルーム名」から参加できます。

おわりに

Horizon Workroomsのはじめ方を紹介しました。

記事が長くなってしまったので、使い方は別記事にまとめます。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから