Google日本語入力で間違って学習させた単語を変換予測から削除する方法


邪魔な予測変換
新しく出て来た言葉や単語を素早く網羅してくれるGoogle日本語入力。

とても便利で、自分が入力した単語等も学習してくれます。

しかし、間違って入力してしまったものも変換予測に表示されてしまい、正しい文章にするのに余計な手間が掛かったりしてしまいます。

因みに上記画像は、ブラウザで日本語入力で調べ物をした後、Vimに戻ってから「j」で移動しようとしたら日本語入力のままで、カーソルが移動せずにタイピングをしてしまった際に覚えてしまった単語です。(この問題はVimにフォーカスが移ると自動で英数入力にする方法(Mac版)で解決しました。)

Google日本語入力で間違って学習させた単語を変換予測から削除する方法を紹介します。

スポンサーリンク

やり方

変換予測が出ている状態で「Tab」キーを押し、削除したい単語にフォーカスをあてる。
tabを押し、削除したい単語にフォーカスをあてる。

この状態で「control + fn + delete」を同時押しで履歴から削除できる。

以前は「control + delete」で削除できたようだが、バージョンアップでキーが変更になったようだ。

迷った時は変換予測の一番下に表示されるのでそれを参考にすれば良い。
ショートカットキー

スポンサーリンク

おわりに

同時押しのキーが多いのは不便ですよね。「delete」キーだけでも十分な気がします。

               


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク