経験知ロゴ

Gumbyの使い方

gumby使い方
WordPressのテーマ作成に Sass + compass + Gumby を使うための設定」でGumbyを使えるまでの設定方法を書きました。

この記事ではGumbyの使い方、コードの書き方を紹介します。

同梱されているファイルで確認

Gumbyをセットしてまず困るのが、どのクラスを追加するとどのようなことができるのか分からないこと。

Gumbyをダウンロードしたフォルダに含まれる「demo.html」と「ui.html」を見て、そのクラスを調べれば大体のことはできる。

レイアウト

「demo.html」にはレイアウトの内容が含まれている。
gumbyのレイアウト

これを参考にし、レイアウトを組む。

要素の調べ方

上記方法で視覚的にレイアウトを見ても、そこからソースコードを探していたらとても面倒なので、要素の調べ方も紹介。
ChromeかFirefoxで調べたい要素を右クリックし、「要素の検証」をクリック。Firefoxの場合は「要素を調査」。要素の検証

下からソースコードが出てきて、右クリックした要素がハイライトされている。ので、そのクラスを使えば良い
要素のハイライト

他の要素も調べたい時は下から出て来たソースコードをタップすると上の通常ブラウザ部分もハイライトされるのでとても見やすい。

注意点として、このレイアウトの場合はひとつ上のdivのclass「row」と併せてセットなので構造も理解しないといけない。

ボタンやテーブル、タブなどの細かい要素

ボタンやテーブルなどは「ui.html」で見ることができる。気に入ったものがあったら上記方法で調べて使う。
uiボタン

head内

headないで読み込むファイルは「demo.html」か「ui.html」のheadを参考に。

週3日の副業で月50万

月50万稼げたら年収は600万で、普通の人以上の生活ができます。

それが週3日で稼げたら、残りの4日をどう過ごしますか?

  • 自分の趣味に全力を注ぐ
  • 家族との時間を増やし、子供の成長をしっかりと見守る
  • 毎週海外へ旅行へ行く
  • 新しいことに挑戦する
  • 何もせず、のんびり自由な時間を過ごす

週の半分以上が自分の好きなことに使えるのなら、人生は楽しい物になりますよね!

週2日の休みが増えるということは、

52週(1年) × 2日 = 104日

年間104日も増え、365日のうち208日も自分の時間に使えるのです!

更に、今30歳だとして、65歳まで働いたら、

104日 × 35年 = 3,640日

3,640日も変わってきます!!10年以上ですよ!10年!!

週2日の休みのために5日を無駄にする生活をいつまで続けますか?

週4日の自由たった3日で稼いで、自分のために自由に時間を使う生活をはじめましょう!

週3日で50万円稼げる案件は、業界最大級の案件を保有しているレバテックフリーランスで見つけられます。

1分で完了する無料登録で、時間の自由への一歩を踏み出しましょう!

おわりに

Gumbyの公式サイトでも使い方の説明はされていますが、実際に表示されている「demo.html」と「ui.html」のソースコードを見た方が分かりやすいと思います。

まだGumby駆け出しですのでいろいろ勉強していきたいと思います。

▼役に立ったらシェアをお願いします