経験知ロゴ

iPhoneの背面ダブルタップでカメラを起動する方法

背面ダブルタップ

日常生活で突如訪れるシャッターチャンスがあります。

その際に、0.1秒でも速くカメラを起動しないとそのシャッターチャンスを逃してしまうんですよね…。

iPhoneを使っていない状態なら、ロック画面を開いて右下にあるカメラアイコンをタップして起動するのが早いですが、iPhoneを操作している時はその操作はできず、カメラアプリを起動しなければなりません。

iPhone操作中に素早くカメラを起動するには、背面ダブルタップでカメラを起動するように設定すると便利です。

iPhoneの画面が点いている状態なら、iPhoneの背面を「トントン」とダブルタップすることでカメラが起動するようになり、シャッターチャンスを逃しづらくなります。

この記事では、iPhoneの背面をダブルタップしてカメラを起動する方法を紹介します。

iPhoneの背面をダブルタップでカメラを起動

「設定」アプリを開き、iPhoneの「アクセシビリティ」をタップ。
アクセシビリティ

「タッチ」をタップ。
タッチ

「背面タップ」をタップ。
背面タップ

「ダブルタップ」をタップ。
ダブルタップ

「カメラ」をタップ。
カメラ

これで設定完了です。

実際の操作のコツ

設定完了後、iPhoneの背面を「トントン」と2回連続で叩くとカメラが起動します。

叩く強さは文章だと伝えづらいのですが、僕の場合思っていたより強く叩かないと起動しないなと感じました。

実際に叩いてみてどれくらいの強さで叩くと起動するか確認してみてください。

使っているiPhoneケースによっては、iPhoneまで振動が届きづらく起動しづらいかもしれません。

おわりに

iPhone操作中に急いでカメラを起動しようとすると、慌てて操作をミスったりします。

物理的に叩いて起動する方法だと、操作は一定なのでわかりやすいです。

かなり便利な起動方法なので試してみてください。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから