経験知ロゴ

台湾の入国カードを事前にインターネットで申請する方法

入国審査

台湾へ行くときには、飛行機の中で入国カードを書く必要があります。

ですが、パスポート番号を書いたり職業や宿泊先のホテル名を英語か台湾語で記入する必要があり、しかも飛行機の揺れる中では書きにくいです。ボールペンも持って行く必要がありますからね…。

Wi-Fiが無い飛行機だと分からない記入内容を調べられないのも痛いです。

そこで便利なのがオンラインで入国カードを事前に提出できるサービスです。

ネット上で完結するのでじっくり調べながら記入して提出することができます。

注意事項

入力した内容は入力画面でしっかり確認してください。

一応確認画面は表示されますが、確認画面から入力画面に戻ると全部消えてしまい最初から入力することになりますので。

入力内容の解説

入國登記表 ARRIVAL CARD」にアクセスし、下にスクロールしていくと入力するフォームが現れるので、各項目を入力して「Confirm」をクリック。
内容を入力してConfirmをクリック。

各項目の記入内容は次のようになります。

姓 Family Name

パスポートの「姓」に書かれているローマ字で名字を入力。

名 Given Name

パスポートの「名」に書かれているローマ字で名前入力。

中文姓名 Chinese Name(非必填Optional)

入力する必要なし

出生日期 Date of Birth

誕生日を「1980/01/01」という年月日をスラッシュ「/」で区切り一桁の場合は「0」を加えた形式で入力。

性別 Sex

自分の性別を入力

國籍 Nationality

国籍を選択。アルファベット順になっているので自分の国籍(日本ならJAPAN)を選択。

護照號碼(大通證) Passport No

パスポート番号を半角英数字で入力。

航班/航名代碼 Flight/Vessel No

台湾に行くときに使う飛行機の便名を入力。航空券予約時に発行されているので、予約完了メールで確認できたり、当日発行される飛行機のチケットに書かれています。

「TR899」のような「アルファベット+数字」という形式になっているはずです。

預計入境日 Expect Entry Date

入国予定の日付を入力。入力欄の右のカレンダーマークをクリックするとカレンダーから入力することができます。
カレンダー入力

職業 Occupation

自分の職業に合うものがあればそれを選択。

迷ったら、
会社員なら「職員/CLERK/EMPLOYEE/STAFF」
赤ちゃんの場合は、「無業/NONE/BABY/INFANT」

を選べば良いでしょう。

僕は自営業で迷ったのですが、職種的にITがらみなので「資訊人員/IT」を選択しました。

簽證種類 Visa Type

入国するVisaの種類を選択。観光なら「免簽證 Visa-Exempt」でOK。

入出境證/簽證號碼Entry Permit/Visa No.

Visaを持っている場合はVisaの番号を入力。上記で「免簽證 Visa-Exempt」を選んでいたら入力する必要はありません。

旅行目的 Purpose of Visit

旅行目的を選択。観光なら「觀光 Sightseeing」を選択。

居住地 Home Address

住んでいる国だけ選択し、下の(非必填Optional)の項目は入力しなくてOK。

來台住址或飯店名稱 Residential Address or Hotel Name in Taiwan

滞在時の住所を入力、ホテルに泊まる場合は「Hotel Name」にチェックを入れ、都市とホテル名(台湾語か英語表記)を入力。

都市は繁体字になってて分かりにくいが、「台北」は「臺北市」という表記。隣のアルファベット表記を見た方が分かりやすいです。

行動電話 Cell Phone Number(非必填Optional)

入力必要なし。

電子郵件 Email Address(非必填Optional)

入力必要なし。

入力完了後

入力が完了したら間違いが無いかこの画面でしっかり確認しましょう。

次の画面は確認画面になるのですが、そこで間違いに気付いて戻ると入力した内容は全て消えて最初から入力することになるので…。

入力内容が問題なければ「Confirm」をクリック。

確認画面が表示されるので、一番下の「Verify Code」に、隣に表示されている数字を半角数字で入力して「Apply」をクリック。
Applyをクリック。

「success!!」の表示が出て完了です。
Success!

当日の機内と入国での流れ

オンラインで入国カードを記入していても、台湾へ行く飛行機の中では紙の入国カードが渡される場合があります。

その場合は受け取っても良いですし、「既にオンラインで提出済みです(I have already submitted online)」と伝えて受け取らなくても良いです。

桃園空港に到着したら「immigration」の看板に従って進んでいきます。
入国審査

10分から20分ほど歩いたらイミグレーションがある桃園空港おなじみの景色が広がります。
イミグレーション

イミグレーションの列の前とイミグレーションの寸前に入国カードを書ける場所があるので、飛行機の中で書かなくてもここで書く事もできます。
入国カード記入所

イミグレーションの列に並び入国審査の寸前になると、空港職員に入国カードを記入しているか聞かれました。

オンラインで既に提出してると伝えても理解してもらえずなぜか入国カードを渡され書くように言われる…。

入国カードを書くのが面倒でオンラインで提出したのに、ここで入国カード書かされたらその意味がなくなってしまいます。

仕方ないので入国カードその職員から受け取り、入国カードを書きに行くふりをしてそのままイミグレーションに進んだら、入国審査カード渡さなくても通過することができました。

入国審査では、パスポートを提出し、顔写真の登録と指紋を登録するために、カメラを数秒見つめ、OKが出たら両手の人差し指を指紋読取機に押し当てるだけで完了しました。

特に質問されることもなく、何も言葉を発せずに指示通りにしてればあっさりと審査が終了しました。

ちゃんとインターネットでの事前登録ができたと言うことでしょうね。

インターネットで提出済みだと言うことを伝えなくてもOKだったのはありがたかったです。

おわりに

台湾に入るのに入国カードが必要だと言うことを知らない人が結構いるようです。

イミグレーションの寸前になって入国カードが必要だと知り、その場で書いている人が結構いました。

ギリギリに書くと焦るし、自分の職業とかちょっと調べないとわからないような単語をいきなり書くのはなかなかハードルが高いです。

事前に出しておけば余裕を持って入国できるので、台湾に行く際は事前にインターネットで入国カード提出することをお勧めします。

ちなみに空港の無料Wi-Fiが一応あるのですが、なかなかつながらなかったりつながってもめちゃくちゃ遅かったりするので、その場で調べるのはなかなか難しいです。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから