経験知ロゴ

iOS15のSafariでアドレスバーを上に戻す方法

Safariのアドレスバー

iOS15から、Safariのアドレスバー(タブバー)が画面下に移動し、賛否両論のようです。

Appleの意図としては、メインコンテンツをより目立たせ目に入るようにするためと、画面が大きくなることで片手で画面上部での操作が難しいので下に移したというのがあるようですが、アドレスバーが上にあるのが慣れてしまっているので違和感満載です。

以前のレイアウトに戻すことが可能ですので、その手順を紹介します。

iOS15のSafariのレイアウトをもとに戻す

iPhoneの「設定」アプリを開き、「Safari」をタップ。
Safariを選択

下にスクロールしていき、「シングルタブ」を選択。
シングルタブを選択

これで設定完了です。

Safariを開くとアドレスバーが上に表示されています。

おわりに

両方の表示を比べてみましたが、アドレスバーが上部にあると画面をスクロールしたときにアドレスバーが消え、上方向にスクロールするとアドレスバーが表示される形式なので、読んでいて少し目障りです。

アドレスバーが下にあると、上部に表示されている画面はそのままで、アドレスバーやメニューバーは下の方で出たり消えたりしているだけなのでそれほど目障りではありません。

慣れたらアドレスバーが下の方がコンテンツに集中できるかもしれませんね。

まぁ、僕は基本Chromeを使っているのでSafariを使い込むというのはありませんが…。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから