経験知ロゴ

日々の経験を知識として発信するブログ

Macで開きすぎたウィンドウを一発で閉じる方法

Macのウィンドウがいっぱい

Macで複数のファイルを選択した状態で、右クリックから「情報」をクリックしたら、ファイルの数だけ情報ウィンドウが開いてしまい、大変なことになりました・・・。

その数69個。

これをひとつひとつ手作業で赤の「×」ボタンをクリックしていくかと思うと頭がくらっとしたので、一発で閉じる方法を探しました。

なんとか見つけましたのでその方法を紹介します。

複数のウィンドウを閉じる

Finderの場合で説明をします。他のアプリでも手順は同じハズです。

Macのメニューバーの「File」をクリック。最初は下記画像のように「ウインドウ閉じる」表示になっています。
ファイル ウィンドウを閉じる

この状態ではウィンドウをひとつだけしか閉じられません。

そこで、この状態でoptionキーを押すと「ウインドウを閉じる」の部分が「すべてを閉じる」という表記に変わるので、「すべてを閉じる」をクリック。
全てを閉じるをクリック

これで開いているウインドウを一発で全て閉じることができます。

この操作はショートカットキーでも行えます。

ショートカットキーは、

option + command + W

です。

おわりに

ウィンドウが一気に開いたときは「やっちまった…」感が半端なかったです。

次々と出てくるウィンドウは、2000年代初期のブラクラを彷彿させました。

嫌な記憶がよみがえりましたよw

なんとか一発で解決できて良かったです。単純作業は簡単に解決できる方法があるので、ひとつひとつ消すというような力業ではなく、探して楽に解決したいですよね。

▼この記事をシェアできるリンク


▼このブログをフォロー・RSS購読できるリンク