経験知ロゴ

iPhoneのSafariでYoutubeをブラウザ内で表示させる方法

ブラウザ内でYoutubeを開く

iPhoneでYouTubeの広告動画をブロックするには、Safariに広告ブロック機能を追加することで実現できます。

しかし、SafariでYouTubeを開くと、YouTubeアプリが開いてしまうんですよね…。

YouTubeアプリを削除すれば、YouTubeアプリがないため起動しなくなりますが、それはそれで不便。

Safari内でYouTubeを開く方法がありますので紹介します。

SafariでYouTubeを開く

SafariでYouTubeを検索し、YouTubeのリンクを長押しする。
YouTubeを長押し

「開く」をタップ。
開くをタップ

これでSafari内でYouTubeが開きます。

一旦この操作をすると、次回からはYouTubeリンクをタップするとブラウザ内で開くようになります。

もしYouTubeアプリで開きたくなったら、同じようにリンクを長押しして「YouTubeで開く」をタップすればYouTubeアプリで表示させることができます。
YouTubeで開く

この操作後、YouTubeリンクをタップするとYouTubeアプリが立ち上がるようになるので注意してください。

おわりに

自動でアプリが立ち上がるのは便利ですが、アプリを使いたくない時があるので、この方法を知っていると使い分けられて良いです。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから