経験知ロゴ

JetPackのMarkdownを有効にする方法

markdown設定

WordPressはブロックエディタを使っているとMarkdownをそのまま使えるのですが、クラシックエディタや他のブログエディタで書いたプレーンテキストだと、Markdownの変換をしてくれません。

JetPackの機能を使うと簡単にMarkdownを使えるようになるのですが、以前と設定方法が変わっていたので、2022年9月現在の設定方法を紹介します。

  • JetPack11.3
  • WordPress6.0.2

Markdownを有効にする

ダッシュボードに入り、「JetPack」をクリック。
JetPackをクリック

「設定」をクリック。
設定

「執筆」→「プレーンテキストのMarkdown構文で投稿やページに書き込み」をオン(青色)にする。
執筆

これで設定完了です。

右上に「設定を保存」ボタンがありますが、それをクリックしなくても設定を変えた瞬間に保存されます。

サーバやWordPressの設定によっては、キャッシュが効いていてすぐにMarkdownが反映されない場合がありますが、暫く待つとMarkdownをちゃんと変換してくれるようになります。

僕の場合キャッシュが効いていたようで、5分ほどしたら変換されるようになりました。

おわりに

JetPackもUIが変わり続けているので、設定がどこにあるかわからなくなります。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから