経験知ロゴ

日々の経験を知識として発信するブログ

ローマ字入力で矢印「←↑→↓」を簡単に入力する方法

矢印を簡単に入力する方法

文字入力環境を改善しようと色々試行錯誤していたところ、ローマ字入力で矢印(←↑→↓)を簡単に入力する方法を見つけましたので紹介します↑↑

前提条件

Google日本語入力(wim mac両方)とことえりで動作を確認しました。

Microsoft IMEでは変換してくれないようです。

「z」との組み合わせ

日本語ローマ字入力の状態で「zh」と入力すると「←」が表示されます。

「z」と組み合わせることでいろいろな記号が入力できるんですね。

変換一覧

zh
zj
zk
zl

矢印だけでなく、別の記号も「z」と組み合わせることで入力できます。

z/
z. (ドット)
z, (カンマ)
z-
z[
z]

「…」などは「・」を変換したりして使っていました…

ただ、「z/」で「・」になるのは謎ですね。「/」で「・」になるので。

設定

これらのキーの一覧を確認できる場所と、変更する際の設定場所も紹介します。

ツールバーのGoogle日本語入力のアイコンをクリックし「環境設定…」をクリック。
環境設定を開く

「一般」→ローマ字テーブルの「編集」をクリック。
ローマ字テーブルの設定

ここでキーの一覧を見ることができます。
キーの一覧

出力する記号を変更したい場合は、変更したい記号をダブルクリックして新しい記号を入力し「OK」をクリックすることで変更可能です。

新しく追加したい場合は、左下の「編集」→「新しいエントリー」から追加できます。
新しいエントリーの追加

「入力」と「出力」に入力し「OK」をクリックで追加完了です。

おわりに

「→」は「やじるし」と入力して変換していたので、「zl」だけで入力できるのはとても楽です。

いろんな方向を使う場合は、その都度スペースキーを押す頻度が増えるので効率が悪かったのが、これで2タイプで確実に入力できるので、かなりの改善になりました。

文字入力はなるべく少ないタイピングで行いたいですよね〜

▼この記事をシェアできるリンク


▼このブログをフォロー・RSS購読できるリンク