経験知ロゴ

VS CodeでTypescriptの型定義を展開して見やすくする方法

VS Code

VS CodeでTypescriptを使っていると、値にマウスオーバーで型情報を表示してくれるのはありがたいのですが、Aliasなどを複数・深く使っている場合、型定義を把握することができません。(APIやGraphQLで取得したデータや外部モジュールなど)

型定義を展開して一覧表示できるts-type-expandを紹介します。

ts-type-expandの使い方

まずはVS Codeの拡張機能アイコンをクリックし、「ts-type-expand」と検索してインストール。
拡張機能をインストール

サイドのエクスプローラの一番下に「TS TYPE EXPAND」という項目が追加されます。

これで変数に入力カーソルを当て、「TS TYPE EXPAND」タブを開くと、選択した変数の型がツリー表示されます。
方のツリー表示

行の折り返しができないので、長い名前のAliasなどがすべて表示できず、エクスプローラの幅を広げなければならないのがちょっと面倒です。

おわりに

型を追っているとき、Aliasを3個以上たどっていくと嫌になります。

どこまで見たか分からなくなるし、潜ったり戻ったりを繰り返すと迷子になりますからね…。

展開して一覧で見られるのはありがたいです。意外とこういう拡張機能無いんですよね~。みんなどうやって理解しているんだろう?

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから