経験知ロゴ

iPhoneの一番左に出てくる写真を非表示にする方法(ウィジェット)

ウィジェット

iPhoneのホーム画面を右にスワイプすると、アプリにアクセスすること無く主要な情報を見ることができる「ウィジェット」が表示されます。

デフォルトでは、「写真」アプリが表示されるようになっていて、ウィジェットを開く度に過去に撮影した写真が表示されます。

懐かしくて思い出がある写真なのは良いのですが、ついつい過去の写真を見てしまったり、見たくない写真を見てしまうことがあり、集中力が切れるなど不快です。

非表示にする方法がありますので紹介します。

ウィジェットの写真を非表示にする

ウィジェットを開き、何も表示されていない部分を長押しする。
何も表示されていない部分を長押し

ウィジェットがふるふる震えだすので、削除したいウィジェットの左上の「-」をタップして削除し、「完了」をタップ。
マイナスで削除

これで非表示にできました。

ウィジェットを登録する

一度削除したウィジェットを表示させるには、再び何もないところを長押しし、ウィジェットが揺れたら左上の「+」をタップするとウィジェット一覧が表示されるので、追加したいウィジェットを選択すればOK。
ウィジェットを追加

おわりに

意識が脇道にそれるものは視野内に入れておきたくないので、脱線してしまう過去の写真は危険です。

削除方法が分かりづらかったので記事にしました。

最初「設定」アプリを必死に探していました…。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから