経験知ロゴ

WindowsのPhpStormにPrettierをインストールして設定する方法

PhpStormでPritterを使う方法

JavaScriptやCSSのフォーマッターのPrettierを、Windows版のPhpStormで設定する手順を紹介します。

Node.jsのインストール

PCにNode.jsがインストールされている必要があります。

Node.jsのサイトから直接ダウンロードしてインストールするか、

バージョンを切り替えられるツールの、

を使ってインストール。

バージョンを切り替えられるツールのnodistとnvm-windowsは、便利だけど2021年現在開発が止まっているようで更新されない不安があります。

nodistの場合は、yarnもインストールする必要があります。

PhpStormでNode.jsが認識されているか確認

「ファイル」→「設定」をクリック。
設定を開く

「言語&フレームワーク」→「Node.jsとNPM」をクリックし、「Nodeインタープリター」と「パッケージマネージャー」が設定されているか確認。nodeを普通にインストールしていたらPhpStormが勝手に見つけてくれているはず。表示されていない場合は、自分でnode.exeとyarnの場所を入力する
node.jsの確認

PhpStormにPrettierプラグインをインストール

環境設定の「プラグイン」をクリックし、「Prettier」を検索し出てきたPrettierをインストール。
Prettierをインストール

Prettierの設定

ここから先は、PhpStormで新しいプロジェクトを作る毎に設定する必要があります。

開発しているプロジェクトに、node_moduleのPrettierを導入していない場合はインストール。

開発プロジェクトフォルダに移動し、プロジェクトだけにインストールする場合は、

npm install --save-dev --save-exact prettier

グローバル環境にPrettierをインストールする場合は、

npm install --global prettier

を実行してインストール。

設定画面を開き、「言語&フレームワーク」→「JavaScript」→「Prettier」をクリックし、「Prettierパッケージ」にnode_module内のPrettierが入ってるか確認。入っていない場合はプロジェクト内のPrettierフォルダを指定。「次のファイルに実行」で、どの拡張子のファイルでPrettierを実行するか指定し、コードの整形時、保存時に実行すうるかにチェックを入れ「保存」をクリック。
設定画面でPrettierを設定

これで、「次のファイルに実行」で指定したファイルを現在のプロジェクトで開き、コード整形時か保存時にチェックを入れた方法を実行するとPrettierでの整形が行われます。

おわりに

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから