経験知ロゴ

Windowsで複数バージョンのPHPをインストールして使い分ける方法

WindowsにPHPをインストールして複数バージョン選択する方法

VS CodeでPHPファイルを開くと、php.exeのパスを設定しろと言われます。

Cannot validate since a PHP installation could not be found. Use the setting 'php.validate.executablePath' to configure the PHP executable.

PHPをインストールしていなかったので、PHPをインストールする必要があるのですが、どうせならバージョンを切り替えられるようにしたいと思い、「WindowsへのPHPのインストール方法 複数バージョンの使い分けも簡単」を参考に自分なりに構築しましたので手順を紹介します。

PHPのインストール

PHP: Downloadsにアクセスし、ダウンロードしたいバージョンの「Windows downloads」をクリック。
windows downloadsをクリック

「Thread Safe」のZipをクリックしてダウンロード。上に「Non Thread Safe」版があるが、それはサーバーソフトにMicrosoftのIISを使う場合に使う。
Thread Safeをクリック

ダウンロードしたzipファイルを解凍し、できた「php-8.0.5-Win32-vs16-x64」というようなフォルダ(8.0.5はダウンロードしたバージョンによって違う)を、自分が管理しやすい場所に移動。

僕の場合、ユーザーディレクトリ内に「PHP」というフォルダを作ってその中に移動させた。

 C:\Users\ユーザー名\PHP\php-8.0.5-Win32-vs16-x64

「php-8.0.5-Win32-vs16-x64」を開き、「php.ini-development」というファイルを探し、コピーして「php.ini」に変更。

テキストエディタで新しいファイルを開き、下記内容を自分が設置したフォルダ階層に変更して「php.bat」というファイル名で保存。

@echo off
"C:\Users\ユーザー名\PHP\php-8.0.5-Win32-vs16-x64\php.exe" %*

保存場所は、上記の例だとここ。

 C:\Users\ユーザー名\PHP\php.bat

パスを通す

Windowsキーを押し、検索欄に「システムの詳細設定」と入力し、「開く」をクリック。
システムの詳細設定を開くユーザー環境変数の「Path」→「編集」をクリック。
ユーザー環境変数を編集

「環境変数」を開く。
環境変数を開く

「新規」をクリックし、先程設定した「php.bat」があるフォルダを選択肢「OK」をクリック。
変数名を入れる

環境変数ウィンドウも「OK」をクリックして閉じる。

PHPの実行確認

コマンドプロンプトを開き、phpが実行できるか確認。既に開いているコマンドプロンプトで実行すると、パスがまだ反映されていないので、既にコマンドプロンプトが開いていたら一旦閉じて立ち上げるとパスが通っている。

php -v

こんな感じで表示されればOK。
こんな感じで表示されればOK

別のバージョンのPHPを使う

別のバージョンのPHPを使いたい場合は、再びPHP: Downloadsにアクセスし、使いたいバージョンのPHPファイルをダウンロードし、解凍したフォルダを先程作ったPHPフォルダに入れる。
新しいバージョンのフォルダ

新しいバージョンのフォルダ内にある「php.ini-development」をコピーして「php.ini」にリネーム。

php.batファイルを開き、既に使っていたパスの行の先頭に「@REM」を付けてコメントアウトし、次の行に使いたい別バージョンの情報を追加して保存。

@echo off
@REM "C:\Users\ユーザー名\PHP\php-8.0.5-Win32-vs16-x64\php.exe" %*
"C:\Users\ユーザー名\PHP\php-7.4.18-Win32-vc15-x64\php.exe" %*

「php.bat」ファイルのパスは既にとしてあるので、このままコマンドプロンプトで「php -v」をすると別のバージョンのPHPを使っていることがわかる。
新しいバージョンのPHPが入った

既にインストールしているPHPのバージョンなら、「php.bat」ファイル内のパスをコメントアウトとコメントアウト解除で自由にバージョン変更できます。

VS CodeにPHPのパスを設定

VS Code を開き、Ctrl + ,で設定画面を開き、「php.validate.executablePath」を検索し、「setting.jsonで編集」をクリック。
setting.jsonを開く

「php.validate.executablePath」に、先程インストールした「php.exe」のフルパスを入力。
フルパスを入力

これで設定完了です。

週3日の副業で月50万

月50万稼げたら年収は600万で、普通の人以上の生活ができます。

それが週3日で稼げたら、残りの4日をどう過ごしますか?

  • 自分の趣味に全力を注ぐ
  • 家族との時間を増やし、子供の成長をしっかりと見守る
  • 毎週海外へ旅行へ行く
  • 新しいことに挑戦する
  • 何もせず、のんびり自由な時間を過ごす

週の半分以上が自分の好きなことに使えるのなら、人生は楽しい物になりますよね!

週2日の休みが増えるということは、

52週(1年) × 2日 = 104日

年間104日も増え、365日のうち208日も自分の時間に使えるのです!

更に、今30歳だとして、65歳まで働いたら、

104日 × 35年 = 3,640日

3,640日も変わってきます!!10年以上ですよ!10年!!

週2日の休みのために5日を無駄にする生活をいつまで続けますか?

週4日の自由たった3日で稼いで、自分のために自由に時間を使う生活をはじめましょう!

週3日で50万円稼げる案件は、業界最大級の案件を保有しているレバテックフリーランスで見つけられます。

1分で完了する無料登録で、時間の自由への一歩を踏み出しましょう!

おわりに

PHPのインストールと言うと、Program Fileフォルダにインストールされ、ファイル構造がわからなくなる感じかと思いましたが、自分が指定したフォルダ内で完結しているので管理しやすいなと思いました。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから