経験知ロゴ

iPhoneのApple Storeアプリの決済をFace IDで実行する方法

Face IDで決済する

新型のiPhoneを予約する際、iPhoneのApple Storeアプリを使うと早く予約できる可能性が高いです。

Appleの新製品が出る際、Apple Storeはメンテナンスモードになり、予約時間を少しすぎるとメンテナンスモードの画面からApple Storeの画面になるのですが、iPhoneのApple Storeアプリの方がPCブラウザより少し早く表示されるからです。

人気の色・容量は初回出荷分が終了するのが早いので、接続の速さや入力の速さが重要。

Face IDで決済できるように設定しておくと、決済するときにパスコードやパスワードを入力する手間がなく素早く決済できるのでオススメです。

この記事では、iPhoneのApple Storeアプリの決済でFace IDを使用するようにする方法を紹介します。

Apple StoreでFace IDを使用できるように設定

「設定」アプリを開き、下にスクロールし「Face IDとパスコード」をタップ。
Face IDとパスコード

パスコードを入力する。
パスコードを入力

「iTunes StoreとApp Store」をオン(緑色)にする。
オンにする

Apple IDサインインする。
Apple IDでサインイン

これで設定完了です。

Apple Storeアプリで決済画面になると、Face ID画面が出て、ロックボタンを2回連続で押すように指示が表示されるので、指示通り2回連続で押すと決済が実行され完了します。

おわりに

iPhone予約はiPhoneのApple Storeアプリが接続が早いので有利です。

この有利をさらに広げるためにFace IDで決済できるようにしておきましょう。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから