経験知ロゴ 経験知トップへ

Oculus Quest2で簡単にパススルーを実行する方法

Oculus Quest2

VRヘッドセットの弱点の一つに、VRヘッドセットを装着すると外の景色が見られないことがあります。

狭い部屋でプレイしていると、ベッドや椅子、棚などの距離感が不安になり、外の景色を見たいことがあるんですよね。

Oculus Quest2には、パススルーという機能があり、VRヘッドセットに付いている4つのカメラを使い、白黒ではありますが外の景色を見ることができます。

パススルーは、ガーディアン設定時やプレイエリア外に出たときなどしか使えませんでしたが、2021年5月下旬にリリースされたバージョン29から簡単に使えるようになりました。

その設定方法を紹介します。

パススルーを設定する

バージョン29から、設定すればOculus Quest2本体側面をダブルタップすればパススルー画面に変更することができます。

「オキュラスボタン」を押してメニューを表示し「アプリ表示」→「Setting」をクリック。
setting

「ガーディアン」→「ダブルタップで周囲確認」をオン(青色)にする。
周囲確認

これで設定完了です。

パススルーを側面ダブルタップで起動させる

Oculus Quest2本体側面の左右どちらでもOKなので、2回「トントン」と叩くとパススルーが起動します。
側面をダブルタップ

起動にかかる時間は1~2秒ぐらいで、思ったよりすぐに起動するなという感じです。

2回連続で叩く間隔と、叩く強さはパススルーの起動を見ながら確認してください。

個人的にはちょっと強めに叩かないと反応しないなと思いました。

パススルーを終了する

パススルーを終了するには、もう一度ダブルタップすればOKです。

おわりに

Oculus Quest2をはじめてプレイした時、ガーディアン設定で外の景色が見られることに感動しました。

パススルーをいつでも起動できたら便利だなと思いましたが、当時は対応しておらず残念でしたが、今回のアップデートでパススルー起動が簡単にできるようになったのは嬉しいです!

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから