経験知ロゴ

PhpStormを安く購入する方法と購入手順

Phpstorm

PHPを書くのにPhpStormを導入しました。

買い方が特殊でちょっと分かりづらかったので、購入する手順を紹介します。

日本で買えるのはサムライズムだけ

PhpStormを取り扱っているのは、2019年1月現在サムライズムだけです。

以前はWillBrainsも取り扱っていたのですが、取り扱わなくなってしまいました。

PhpStormを開発しているJetBrainsから直接買っても良いのですが、英語で書かれているし、ドル建て払いなので高くなってしまうためサムライズムで購入するのをおすすめします。

PhpStormを安く買う

紹介制度を使うとPhpStormを300円安く購入することができます。

僕の紹介コードから登録していただければ300円引きになりますので使ってください。(僕も次回更新の価格が150円引きになってWin-Winです。)

PhpStormの購入手順

サムライズムにアクセスし、PhpStormのボタンを、法人なら「法人のお客様」、個人なら「個人のお客様」をクリック。
アプリを選択

購入するための情報を入力。
情報を入力

確認画面が出るので「送信」をクリック。
確認画面

送信完了画面が表示される。
JetBrains製品注文 株式会社サムライズム

決済用のメールが届くので、自分が行いたい決済方法で支払いをする。僕の場合は楽天カードで支払っていたいのでクレジットカード支払いのリンクをクリック。
メールの内容

「カードで支払う」をクリック。
カードで支払うをクリック

決済完了。
決済完了

決済完了メールがすぐ届く
決済完了メール

メールを読むと、商品手配に時間がかかるということなので、暫く待つ。

6分後に「License Certificate for JetBrains PhpStorm」という件名のメールが届くので、メール内のリンクをクリック。
メールリンクをクリック

利用規約を最後まで読み「I Accept」をクリック。
I acceptをクリック

PhpStormをダウンロードしていない場合は「Download」からダウンロードしてインストール。
PhpStormダウンロード

PhpStormを起動し、PhpStormのアカウントでログインすれば自動でアクティベーションされます。
PhpStormにログイン

アクティベーションコードでアクティベーションするには、先程の画面から「Download activation code」をクリックしてダウンロード。
Download activation code

「Activate license with」の項目で「Activation code」を選択し、表示されているテキストエリアにダウンロードしたテキストファイルを開いて中身をコピーしてペーストして「Activate」をクリックすればOK。

おわりに

今まではVimでせっせとコードを書いていましたが、コード補完やコードジャンプなどIDEならではの便利な機能があるのでPhpStormを導入しました。

これから便利な機能を使いこなせるようにならねば!

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから