経験知ロゴ

Windowsをショートカットキーでスリープ状態にする方法

Windowsをショートカットキーでスリープにする方法

Macの場合、Command + Option + Ejectでスリープ状態にできるのですが、Windowsだとそのようなショートカットキーで一発スリープにすることができません。

この記事では、ちょっと手間がかかるけどキーボードからスリープにする方法と、PCの電源キーを押すとスリープ状態にする方法を紹介します。

キーボードからスリープにする方法

キーボードで下記の手順で入力するとスリープ状態にできます。

  1. Windowsキー + X
  2. U
  3. S

3アクション必要なので面倒ですね。

このショートカットは、Windowsキー + Xでメニューのショートカットを開き、Uで「シャットダウンまたはサインアウト(U)」を選択し、Sで「スリープ(S)」を選択しています。
キーボードショートカットでスリープにする方法

電源ボタンをスリープボタンにする方法

この方法はキーボードからスリープにする方法ではありませんが、PC本体が手の届くところにあれば電源ボタンを押せば一発でスリープにすることができるので、僕はこの方法を使っています。

画面左下の「Windowsアイコン」をクリックし、歯車マークの「設定」をクリック。
設定を開く

「システム」をクリック。
システムをクリック

「電源とスリープ」→「電源の追加設定」をクリック。
電源の追加設定

「電源ボタンの動作を選択する」をクリック。
電源ボタンの動作を選択するをクリック

「電源ボタンを押したときの動作」を「スリープ状態」に設定。

以上で完了です。

PCの電源ボタンを押したらスリープ状態になり、もう一度電源ボタンを押すとスリープが解除されます。

起動中のPCの電源ボタンを押すのは怖いですが、慣れれば大丈夫ですw

おわりに

スリープはよく使うのでMacみたいにショートカット一発でスリープ状態にしたいです。

以前使っていたキーボードにはスリープボタンがついていたのですが、今使っているキーボードにはついていないんですよ…。

PCが手の届くところにあるので、ちょっと面倒ですがPCまで手を伸ばせばスリープにできるのは幸いです。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから