経験知ロゴ

iPhone13 Pro/Pro Maxでリフレッシュレートを60Hzに下げてバッテリーを節約する方法

フレームレートを制限

iPhone13 Pro / Pro Maxから、ディスプレイが最大120Hzで動作するようになりました。

常に120Hzではなく、画面に動きがある時など必要なときだけ120Hz動作するというもので、バッテリーの消費を抑えています。

スクロールする際の文字も読みやすく快適です。

しかし、60Hzで十分という人は最大リフレッシュレートを落とすことで少しだけバッテリーの節約ができます。

この記事では、iPhone13 Pro/Pro Maxでリフレッシュレートを60Hzに下げてバッテリーを節約する方法を紹介します。

フレームレートの最大値を下げる

「設定」アプリを開き、下にスクロールしていき「アクセシビリティ」をタップ。
アクセシビリティ

「動作」をタップ。
動作

「フレームレートの制限」をオン(灰色から緑色)にする。
フレームレートの制限

これで最大リフレッシュレートが60Hzに変更できました。

おわりに

僕はiPhoneで文章を読むことが多いので、スクロール中に文字が読める120Hzディスプレイは最高です。

以前使っていたiPhone XSで最大の不満点が60Hzのディスプレイでしたからね。

60Hzへ下げることはないと思いますが、バッテリーがヤバい時は使いそうなのでメモしました。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから