経験知ロゴ

Windowsのタッチパッドの複数本スワイプにショートカットキーや更に機能を追加する方法

タッチパッドを設定する方法

WindowsノートPCのタッチパッド設定は、Macのように2、3、4本指スワイプに対応しているのですが、通常の設定画面からだと僅かな機能にしかできません。

しかし、もっと深いところで設定すれば、初期では表示されない機能やショートカットキーを割り当てることが可能ですのでその方法を紹介します。

Windowsのタッチパッド設定

Winキーを押すと画面左下の検索欄にフォーカスが当たるので「タッチパッド」と入力し、「開く」をクリック。
タッチパッド設定を開く

ここでジェスチャの設定をできるのですが、ここの画面だと設定できる機能が少ないので、更に下にスクロールし「ジェスチャの詳細な構成」をクリック。
ジェスチャの詳細な構成

開かれた設定画面なら、詳細なジェスチャの設定ができます。

試しに4本指の「上」をクリックしてみると、
設定したいジェスチャを選択

通常の設定画面では設定できない項目が表示されます。
設定項目欄

ブラウザやエクスプローラの「戻る」「進む」を実現する「前方ナビゲーション」「後方ナビゲーション」もここにあります。

タッチパッドにショートカットキーを割り当てる

タッチパッドにショートカットキーを割り当てるには、先程の設定項目の一番下の「カスタムショートカットキー」をクリック。
カスタムショートカットキーを選択

設定した項目の下に、ショートカットキーを設定する項目が表示される。記録を開始する

「記録を開始する」をクリックすると、ショートカットキー待受になるので、設定したいショートカットキーをキーボードで実際に押す。
カスタムショートカットキーが追加される

入力し終わったらEscを長押しするか、「記録を停止する」をクリックして入力終了させる。

これをしないと、ショートカットキー入力受付中が続き、キーボード操作が一切できなくなるので要注意です。

おわりに

タッチパッドの設定画面を見つけたとき、設定できる機能が少なくて愕然としましたが、上記方法でとりあえず必要な機能は設定できて良かったです。

てか、詳細をクリックする前の段階で詳細設定できて良いのでは…と思ってしまいます。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから