経験知ロゴ

NVIDIAのオーバーレイ「alt + Z」のショートカットをオフにする方法

GeForce Experience

WindowsでNVIDIAのグラフィックボードを使っていると、Alt + Zにオーバーレイが設定されており、ゲームをしていると間違って押してしまいゲームの操作不能になるケースがあります。

ご操作をするときは、だいたい激しい戦闘をしているときなので、大事な場面でオーバーレイが表示されて負けるとやるせなさが半端ないです。

この記事では、GeForce Experienceのオーバーレイをオフにする方法と、ショートカットキーを変更する方法を紹介します。

オーバーレイをオフに

オーバーレイ機能自体を使っていない場合はオフにします。

デスクトップショートカットにある「GeForce Experience」を開く。
GeForce Experienceのアイコン

デスクトップショートカットがない場合は、タスクバーの「GeForce Experience」アイコンを右クリックし、「NVIDIA GeForce Experience」をクリックして開く。
GeForce Experienceアイコン

歯車マークをクリックして設定を開き、「ゲーム内のオーバーレイ」をオフにする。
ゲーム内のオーバーレイ

これでオーバーレイがオフになりました。

保存ボタンなどは無く、オフにした瞬間反映されます。

ショートカットキーを変更

オーバーレイを使っている場合、押し間違えしづらいショートカットキーに変更すると良いです。

先ほどと同じようにGeForce Experience画面で、歯車マークをクリックし、「ゲーム内のオーバーレイ」の「設定」をクリック。
設定画面

「キーボードショートカットキー」をクリック。
キーボードショートカットキー

「ゲーム内のオーバーレイを開く/閉じる」のショートカットを好きなショートカットに変更。
ゲーム内のオーバーレイを開くのショートカットキーを変更

これで設定できます。こちらも保存ボタンクリックなどは必要なく、設定した瞬間反映されます。

閉じるときは、画面右上の「X」をクリックするか、ESCキーを3回押して閉じることができます。

おわりに

大事な場面でオーバーレイ表示されるのは本当に腹立たしいです。

ゲームの操作を妨げるショートカットキーはなるべくオフにしておきたいですね。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから