経験知ロゴ 経験知トップへ

Oculus Quest 2でDMM(FANZA)のVR動画を見る方法

DMMアプリでFANZA動画を見る手順

Fanza動画は、Oculus Quest 2でDMMアプリを使うことで視聴できます。

アダルト動画だからといって排除されるわけではないんですね。

この記事では、Fanza動画をOculus Quest 2で見るための手順を紹介します。

DMMアカウントの作成

DMMアカウントをまだ持っていない場合は、新規登録する必要があります。

既にFANZA動画でなにか購入したことある人はDMMアカウントを持っているので新たに登録する必要はありません。

PCので新規登録

Fanza動画にアクセスし、画面上部の「DMMアカウント」→「DMMアカウント登録」をクリックしてDMMアカウントを作成します。
DMMアカウント登録

スマホで新規登録

Fanza動画にアクセスし、「DMMアカウント」→「DMMアカウント登録」からアカウントを登録。
DMMアカウント登録

Oculus Quest 2にDMMアプリをインストール

Oculus Quest 2を起動し、「オキュラスボタン」を押してメニューを表示させ、「ストア」を選択。
ストアを選択

右上の「検索」を選択。
右上の検索を選択

検索欄に「DMM」と入力して検索するのですが、検索欄の下の「dmm」があればそれを選択します。みんな検索するからか、検索予測の一番前に出てるのがスゴイですねw
アプリを検索

検索結果が表示されるので、「DMM VR動画プレイヤー」を選択。
DMM VR動画プレイヤーを選択

「インストール」を選択してインストール。
インストールを選択

「オキュラスボタン」を押してメニューバーの「アプリ」→「DMM.com」アプリを選択してアプリを起動させます。
アプリを選択してDMM.comを選択

DMM VR動画プレイヤーは、スクリーンショットの撮影や動画撮影、ミラーリング再生はアプリで制限されているのでできません。

なので、ここからはスクリーンショット無しでの解説になります。

DMM VR動画プレイヤー起動すると、ログイン画面が表示されるので、メールアドレスとパスワードを入力してログインします。

入力キーボードは、大文字にするためにShiftを押すと、もう一度押されるまで大文字のままになるので、大文字を入力して小文字を入力する際は、Shiftを解除するのを忘れないでください。(これに気づかず、僕は何回かパスワードを入れ直しました…)

また、パスワードをアプリやメモ帳で管理している場合、それを見ながら入力するのでOculus Quest 2をつけたり外したりしながら入力をしなければなりません。

その場合、Oculus Quest 2を装着した状態で鼻下部分を見ると、隙間が空いているのでそこからメモを見ることができ、Oculus Quest 2をつけたり外したりせず入力が可能です。ちょっと目が疲れますが…。

アカウントの認証が完了すると、購入した動画一覧が表示されるので、見たい動画を選択すればチャプター選択画面になり、見たいチャプターを選択すると動画が再生されます。

また、チャプター選択画面上部にある「ダウンロード」を選択すると、動画をダウンロードして再生できるので各チャプターの読み込みや早送り等がスムーズになります。(全てのダウンロードに時間がかかるので注意が必要です。)

動画プレーヤの使い方

動画プレイヤーの簡単な使い方も紹介します。

スティックの左右→10秒の早送り巻き戻し
Bボタン→動画再生の終了()
トリガーボタン(持ったときの人差し指部分のボタン)→シークバーなど動画プレイヤーメニューの表示
オキュラスボタン長押し→現在自分が見ている場所を中心に変更

Bボタンは、押すと一発で動画の再生が終了してしまうので注意してください。

間違えて押していいところで動画が終了するとイラッとしますからね。

FANZA動画の買い方

DMM VR動画プレイヤーの中からFanza動画を購入することはできません。

Fanza動画にアクセスし、Webサイト上で購入すると、アカウントに紐付いてOculus Quest 2のDMM VR動画プレイヤーで視聴できるようになります。

おわりに

アダルトVR動画は、VRのキラーコンテンツなので、Oculus Quest 2でFanza動画がしっかり見ることができて安心しました。

Oculus Quest 2で見ると、スピーカーから音声が流れるので、本当に女優さんが目の前にいて話をしている感覚になります。

イヤホンの圧迫感がないのが大きく、イヤホンが没入感を邪魔していたんだなと気付かされました。

Oculus Quest 2は機動力が半端ないので、色んな場所でVR動画が楽しめてヤバいですね。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから