PSVRを購入して実際に遊んでみた感想


PSVR

2016年10月13日(木)、ついにプレイステーションVRが発売されました!

予約がなかなかできず苦戦しましたが、ソニーストアの体験会に参加することで予約でき、なんとか発売日に手に入れることができました!

セットアップをして2時間ほど遊んでみましたので、使用感などを紹介します!

【こちらの記事も要チェック!】
PS Plusの自動更新をオフにする方法
PS Plus を契約する時に注意すべき自動更新について
[動画]PSVRを体験して面白いリアクションをしている動画まとめ
PSVRのパーツを外してレンズやレンズシールドを掃除する方法
PSVRを買ったら真っ先にやるべきゲームソフト5選
PSVRで遊びまくってVR酔になった件
PSVRで遊ぶにはPS4のHDDは500GB・1TBどちらが良いのか
PSVRで目の間の距離(瞳孔間距離)を設定する方法
PSVRはテレビやディスプレイがなくても遊べるのか?
PSVRで画面やコントローラーが左右に曲がったりズレたりするのを直す方法

スポンサーリンク

コードが多い!

届いたPSVRを開けて、まず驚いたのがコードの多さです。
PSVRのコード

事前情報で多いことは知っていましたが、実際に目の当たりにすると接続がめんどくさくなりますw

コードを解くとこの有様。
ごちゃごちゃのコード

とはいえ、事前にセットアップ方法はSonyの動画で確認していたし、コードに番号が振られているのでその順番に挿していけば特に問題なく接続できました。

セットアップ方法は別記事で紹介しています。
関連:「PSVRの接続・初期設定方法が詳しく分かる動画の紹介 | 経験知

セットアップはPSVRを着けたままできる

PSVR自体がディスプレイの役割をはたすので、テレビがなくてもPSVRを装着してセットアップすることができました。

バーチャル空間に画面が浮かんで表示されるシネマティックモードと呼ばれる画面に、テレビと同じ画面が表示されて設定できます。

注意する点は、手の届くところにコントローラーを置くことです。PSVRを装着すると周りが見えないので、コントローラーが離れていると探しにくいので。

また、PSVRの設定途中にプレイステーションカメラの位置を設定するのですが、PSVRを装着したままだと手探りでカメラを調整しないといけないので、カメラの位置もある程度把握しておいたほうが良いでしょう。

没入感・存在感がスゴイ!

まず遊んでみたのは前評判の良いサマーレッスン

メニュー画面で既にVR空間に入り込んでいるので、360度上も下も見渡せます。メニューボタンも空間に浮いていてカッコイイ。
NewImage

奥行きもしっかりあるので、ゲームの世界に入り込んでいる感覚になります。

雰囲気の良いカフェにいると、スマホに電話がかかってきて家庭教師に行くという設定の説明をされます。
スマホ(コントローラー)を耳に近づけると電話の声が大きくなり、離すと小さくなるのがとてもリアルです
カフェ

生徒の部屋に行くと生徒が部屋に入ってきます。遠いところは流石に解像度が足りず、女の子の顔はぼやけて見えます。
教える女の子と対面

だんだんと近づいてくる。
だんだん近づいてくる

近くに来ると、本当にそこに女の子がいるという「存在感」を感じることができ、顔を近づけられると思わずのけぞってしまいます。
最接近

VR ZONEのアーガイルシフトで女の子の「存在感」は体験済みでしたが、やはり「そこに人がいる」という感覚になるのはVRの凄さのひとつでしょう。
関連:「VR ZONE体験レポート!仮想現実は体験しないと凄みは分からない! | 経験知

上記画像は実際にプレイした時のスクリーンショットなのですが、こうやって画像で見ると、撮影した時に感じていた女の子の「存在感」が全く無いことに驚きます。

自分の部屋にいることを忘れ、その世界に居るという感覚は今までになく、これは実際に体験してみないと絶対にわからない感覚です。未体験の方は是非お試しを。

アクションゲームがおもしろい

PlayStation VR WORLDS」といういろんなVRゲームが遊べるソフトで、The London Heistも遊びました。

このゲームは、ギャングになってカーチェイスや銃撃戦を繰り広げるゲームですが、銃撃戦が特に面白かったです。

障害物の後ろに隠れ、左右上下から襲ってくる敵を銃で応戦するのですが、身体を動かしながら障害物に隠れたり身を乗り出して銃を撃ったり、ほんとうにそこで戦っている感覚になります。

視野の移動も、コントローラーを使わず頭を動かすだけなので、自分が見たい方向を簡単に見ることができます。こういったことが没入感につながっているんでしょうね。

かなりのめり込んで楽しむことができます。

画面の粗さが気になる

PSVRで遊んでいて気になたのが画面の粗さです。

じっと眺めていると直線や曲線のちょっとしたザラつき感が気になります。

暗いシーンでは、目の細かい網戸越し見ているような変な粗さが目立ちます。

しかし、それはゲームの最初で目が慣れていなかったり、じっと見ている時に感じられるものなので、実際にゲームがはじまって視線をいろいろ移動させるようになると気にならなくなります。

VRも黎明期なので、この辺はしょうがないですね。

HMDの装着感

ヘッドマウントディスプレイの装着感ですが、1時間ほど着けたままにすると頭が痛くなりました。

これはヘッドホンでも頭が痛くなる僕個人の感覚かもしれませんが、強く締めすぎるとやはり頭が痛くなります。

この辺は装着時の調整と、使用するに連れての慣れでなんとかなると思うので、いろいろ試行錯誤していきます。

VR酔い

自分でVRを手に入れるにあたって心配していたのがVR酔です。

今までは、体験会で長くても10分程度しか遊んでいなかったので、それ以上やるとどうなるのか心配でした。

実際に2時間ほど遊んでみましたが、やはり少し気持ち悪くなりました。

サマーレッスンのような激しい動きのないゲームなら大丈夫でしたが、The London Heistのような頭や身体を動かすアクションゲームは酔いやすいです。

酔いの程度も軽いものなので、少し気持ち悪くなったら休憩するぐらいのスタンスでしばらく様子を見てみようと思います。

因みに僕は子供の頃、車酔いしやすく、船酔いもしやすかったのですが、大人になって大分改善されてきたタイプです。

船酔いはあまりしなくなりましたが、船を降りた後、まだ船に乗っているかのような感覚が続く三半規管の持ち主です。

追記:VR酔いについて新しい記事を書きました。
PSVRで遊びまくってVR酔になった件 | 経験知

メガネでも大丈夫

メガネをかけていてもPSVRは装着することができます。

装着時と脱着時に少しコツが要りますが、メガネの位置に気をつけながら装着すれば見え方に問題はありません。

気になる衛生面

PSVRは顔に直接つけるので、衛生面が気になりますよね。

僕は「ニンジャマスク」をつけてPSVRを装着しています。

家族で使ったりするときにも気持ちよく使えるので、ニンジャマスクは必須かなと思います。

詳しい紹介は別記事でしています。
関連:「PSVRを衛生的に使うことができるオススメの使い捨てマスク | 経験知

整髪料や化粧に注意

衛生面に付随しますが、整髪料や化粧もPSVRに直接触れてしまうので、なるべくしない方が良いと思います。

化粧はニンジャマスクでなんとかなりますが。

スポンサーリンク

おわりに

ついに自分の部屋でVRを楽しめるようになりました。

ファミコンからプレイステーション、Wiiと、それぞれ大きな進化をしてきたゲームハードですが、VRの登場はそれらを凌ぐ「革命」だと思っています。

画面を眺めることからゲームの中に入り込むへの変化は、とても言葉では伝えきれず、実際に試してくれと言う事しかできません。

新しい時代がはじまっています。VR未体験の方は、とりあえず1回試してみることをオススメします!!

PlayStation Camera同梱版


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク