経験知ロゴ 経験知トップへ

Insta360 ONE X(エックス)の機能まとめ

Insta360 one x

2018年10月10日発表予定のInsta360 ONEの新型機。

Engadgetがフライングで情報を出してしまったようですが、22時に詳細が発表されました。

多分、夜の10時に公開する事になっていたのに朝の10時に後悔してしまったんでしょうね。

発売日は10月19日。

19日発売・発送のようで、Amazonで予約したところ手元に届くのは20日以降みたいです。

発表された内容をもとにInsta360 ONE Xの機能についてまとめます。

Insta 360 ONE X(エックス)

名前は「X」で「エックス」のようです。iphone Xのように「テン」ではないです。

5.7Kの360度動画撮影

5.7K 30fpsの動画が撮影できるようになり、4Kだと50fps、3Kだと100fpsで撮影できるようになりました。

Insta360独自のFlowState手ぶれ補正により、ブレのない動画が撮影できます。

この機能は前機種のONE(以下ONE)にもあったのですが、本当に素晴らしいです。

360度撮影できるので、360度全方向の情報を使ってブレを補正するので普通のカメラで行う電子手ぶれ補正より制度が高いですからね。

タイムラプス、ハイパーラプス、インターバル撮影などの機能も搭載しています。

バレットタイム撮影の画質UP

Insta360 ONEを一躍有名にした、映画マトリックスのような被写体の周りをカメラがぐるっと回る動画を簡単に撮影できるバレットタイムが3Kで撮影できるようになりました。

バレットタイムのインパクトは大きいので、画質の向上は嬉しいですね。

ドリフトダーツでありえないアングルの動画撮影

ドリフトダーツ

Insta360 ONE Xのティザー動画が公開されて話題を呼んだのが、空中を飛んでいるスケボーの下をくぐり抜けるような動画。

カメラをぶん投げて撮っているのでは?という憶測が流れましたが、正にそのとおりでした。

ダーツのような別売りのドリフトダーツに取り付けて投げて撮影します。

カメラのレンズはむき出しですが、地面には触れない設計になっているようです。

ドリフトダーツでの映像は確かにすごいですけど、投げるのに躊躇してしまいますよねw

地面につかないと言っても、投げ終わった着地時にいろんな角にぶつかりそうですからね。

これは人柱の映像を待つしか無いでしょう。

静止画は1800万画素

静止画はONEの2300万画素より落ちていますが、暗所に強くなったとのこと。

確かにONEは暗所に弱かったので、感度の工場は期待したいです。

また、HDRモードを実装し、明暗差があるシーンでの撮影もつよくなりました。

撮影環境に合わせて、ISO感度、EV値、ホワイトバランス、シャッター速度を手動調整もできます。

スマホとの接続方法が変わった

ONEは本体についているLightning端子でiPhoneと接続をしていて、Andloidと接続するには別売りのマウントが必要でしたが、

  • Wi-Fi接続
  • Bluetooth接続
  • ライトニング、USB Type-C及びMicro-USB ケーブルで接続

することができます。

5.7Kで撮影したらファイルサイズがかなり大きくなるはずなので、転送速度が速いケーブルでの接続が必須かもしれません。

バッテリー容量が増え、交換可能になった

ONEのバッテリー容量は820mAhでしたが、Xでは1200mAhと容量が1.5倍に増えました。

また、バッテリーは交換可能になり長時間撮影もしやすくなりました。

撮影時間は5Kまたは4Kの動画撮影で約60分。

バッテリー容量の増加は嬉しいですね。

ONEではすぐに電池が切れてしまうので、撮影が終わったらすぐモバイルバッテリーで充電してましたからね。

交換式なので、バッテリーが終わったら入れ替えられるのは使い勝手がかなり上がるはずです。

動画や写真にGPS情報を記録できるように

GPSリモコン

別売りのGPSリモコンを使うことで動画や写真にGPS情報を追加できるようになりました。

Google ストリートビューにアップロードすることができ、動画の速度、方向、標高、位置、ルートなどを表示できます。

別売りのリモコンが6,880円(Insta360本家中国のWebストアでの値段。日本だともう少し高くなりそう)で発売日未定。

撮影の開始・停止もできるので個人的には欲しいですが、ちょっと高いですね。

防水ケースの種類が増えた

防水ケース
防水ケースは2種類あり、水深5mまで対応の防水ケースは7,000円ぐらいで、水深30mまで対応の潜水ケースは9,980円。

日本での発売未定です。

Adobe Premier 専用プラグインでスティッチングなしで即編集

Premier のプラグイン
Adobe Premierに360度動画を読み込むと、180度動画を合成するスティッチング作業が必要でした。

Adobe Premier 専用プラグインを使うとスティッチングを自動でしてくれるので編集の効率が上がります。

スペック比較

Insta360 ONE と ONE X のスペック比較表を作ってみました。

ONE XONE
動画5.7K 30fps
4K 50fps
3840*1920@30fps
2560*1280@60fps
2048*512@120fps
静止画6912*3456
ジャイロ
スコープ
六軸六軸
タイムラプス
ハイパーラプス
バレットタイム
アニメーション
ライブ
重さ115g82g
価格52,300円(税込)42,999円(税込)
バッテリー容量1200mAh820mAh(5V1A)
バッテリー交換可能不可
寸法114.56×48×27.696×36.5x25mm
防水

詳細スペック

発表された詳細スペックはこのようになっています。

本体サイズ高さ114.56mm x 幅48mm x 奥行き27.60mm(レンズ含む) 、高さ114.56mm x 幅48mm x 奥行き18.10mm(レンズ除く)
重量90.9g(バッテリー除く)、115g(バッテリー含む)
レンズ200° 2 x F2.0 魚眼レンズ
解像度(静止画)6080 x 3040 (18MP)
解像度(動画)5760 x 2880@30fps、3840 x 1920@50fps、3840 x 1920@30fps、3008 x 1504@100fps
対応SNSFacebook、YouTube、Periscope、Instagram、LINE、Facebook Messenger、Twitter
静止画ファイル形式保存フォーマット: insp dng(RAW)
出力フォーマット: jpg
動画ファイル形式保存フォーマット: insv
出力フォーマット: mp4
色空間bt.709
動画コーデックH264
ライブストリーミングプロトコルrtmp
ストレージMicro SD UHS-I、V30以上、exFAT(FAT64) format:最大128 GB.
ビットレート(各レンズ)50Mbps
露光モードオート,マニュアル(シャッター 1/8000s-120s, ISO 100-3200), シャッター優先(1/8000s-2s), ISO優先(100-3200)
EV値-3EV~+3EV
ホワイトバランスAuto, Cloudy, Sunny, Fluorescent, Incandescent
静止画モード360度撮影、インターバル撮影、RAW、HDR
ビデオモード360度撮影、タイムプラスモード、バレットタイム撮影、Log 360度動画
ライブストリーミングモード360度ライブストリーミングフリーキャスト(ユーザが視聴範囲をコントロール可能)
720p@30fps 960p@30fps 1080p@30fps 1280p@30fps
接続Bluetooth: BLE4.0、USB: Micro-USB、Wi-Fi
ファイル容量(静止画)6MB
ファイル容量 / 1分あたり(5.7K 動画の場合)800MB
ジャイロセンサー6軸センサー
スラビライズ機能FlowStateスタビライゼーション
スティッチングオプティカルフロー / テンプレート
電力5V 2A Micro USB 充電式
バッテリー容量1200mAh(取り外し可能)
持続時間5.7K@30FPSまたは4K@50FPS動画撮影の場合、約60分持続可能
充電時間5V2Aの電源で充電する場合、100分で満タンになる
9V2Aの電源(公式充電器)で充電する場合、60分で満タンになる
BluetoothBLE4.0
Wi-Fi5G(最大20メートル範囲)
動作温度-10-40°C
保管温度-20~40°C
アプリOSiOS、Android

Insta360 ONE Xの紹介動画まとめ

Insta360 ONE Xを紹介している動画のまとめです。

おわりに

2018年10月10日発表と言うことでしたが、なかなか発表されず22時になってようやく発表されました。

一日中Insta360のWebサイトをリロードしていましたよw

GoProやリコーのシータなど、いろいろなカメラがありますが、360度撮影できるので、思わぬところが撮れていたり、手ぶれ補正が素晴らしいので、僕的にはInsta360一択です。

発売日の10月19日が待ち遠しい!配送の関係で手に入るのは20日になりそうだけど。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから