経験知ロゴ 経験知トップへ

Insta360 ONE Xで5.7Kと4K50Pが10秒ちょっとで強制停止する時の対処法

Insta360 ONE Xエラー

Insta360 ONE Xを購入して動画を撮影したのですが、10秒ちょっとしたら録画が強制停止してしまいます。

強制終了時の画面には「Insufficient speed」という表示。

いろいろ試してみると、5.7Kと4K50Pで撮影する時だけ途中で強制停止してしまうことがわかりました。

4K30Pなら大丈夫です。

この記事ではInsta360 ONE Xで録画が強制停止してしまう場合の対処法を紹介します。

microSDカードの書き込み速度が原因

原因は使っているmicroSDカードの書き込み速度が遅いことが原因です。

僕が使っているのは、TOSHIBAのUHS-I U3 4K対応の超高速90MB/sで、Insta360 ONE Xの仕様に書いてあるUHS-I以上なので大丈夫かと思ったらダメなようです。

SDカードの速度はいろいろな規格や表記の仕方がありますが、僕が持っているmicroSDカードは古いらしく、新しい規格の「V〜」が書かれていないものでした。

「V〜」規格は、ビデオスピードクラスで、V6、V10、V30、V60、V90などがあります。

V30なら書き込み速度が30MB/secとなり、数字が動画の書き込み速度を表していて、Insta360 ONE Xで必要なのはV30以上です。

なので、V30に対応したmicroSDカードでないと、容量が大きい5.7Kや4K50Pmの動画は書き込みスピードが追いつかずに記録できないというわけです。

SDカードはいろんな規格があって分かりにくいですよね…。

V30位上に対応したmicroSDカードはこちら

僕は楽天カード でポイントを貯めまくっていて、楽天で買うのが一番安かったので「microSDXC 128GB SanDisk サンディスク」を購入しました。

おわりに

後々のことを考えて結構良いmicroSDカードを買ったつもりですが、買い換える必要が出てしまったのは残念です。

4Kで撮影した360度動画の画質は、PSVRなどのVR端末で見るとあと一歩足りない感じなので、5.7Kで撮影したいところ。

書き込み速度が速いSDカードを手に入れてガッツリ撮影したいと思います。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから