iPhotoを開くと「アイテムを利用できません」と表示されアップデートできない件


アイテムを利用できません
iPhotoを開くと

「iPhoto.appを開くには、最新のバージョンにアップデートする必要があります。」
iphotoを開くには最新のバージョンにアップデートする必要があります
と表示され、App Storeを開きバージョンアップしようとすると

「アイテムを利用できません ご希望のアイテムは、現在日本の Store ではご利用いただけません。」
アイテムを利用できません
と表示されアップデートできなくなりました。

いろいろ試行錯誤していると、iPhotoは開発が中止され無くなったようです。後継のアプリとして「Photos」(Mac上でのアイコン表記は「写真.app」)がリリースされました。
写真.app

今までのiPhotoのデータもそのまま使えますので、移行方法の1つを紹介します。

スポンサーリンク

Photos移行方法

ピクチャフォルダ内にある「iPhoto Library」をダブルクリックで開く。
詳細パスは

/Users/ユーザー名/Pictures/iPhoto Library

写真.appが立ち上がるので「はじめよう」をクリック。
iPhotoをiphotolibraryから立ち上げる

iCloudフォトライブラリを使用するか聞かれる。これは新しいサービスでPhotosにある写真全てをiCloudにアップし、様々な端末で共有できるというもの。5GBまでは無料だが、それ以上あると有料プランを選択することになる。これは後で変更することができるので、とりあえず「今はしない」をクリック。
今はしないをクリック

ライブラリの構築がはじまり終了するとアプリを使えるようになる。
ライブラリを準備中

これからはアプリケーションフォルダに入っている「写真.app」を開けばiPhotoのように使える。

新しいライブラリは「iPhoto Library」と同じフォルダに「写真 Library」の名で作成される。
ライブラリ

上記画像のファイルサイズを見ての通り、完全に新しいライブラリとなっているので倍のファイルサイズになってしまっている。

古い「iPhoto Library」は削除するか外付けHDDなどに移しておけば良い。

ここで紹介した方法はライブラリファイルから起動する方法だが、「写真.app」を直接開いてもインストールできるはず。

有料プラン

iCloudストレージの料金は下記画像のようになっている。
iCloudストレージのアップグレード

スポンサーリンク

おわりに

iPhotoが使えなくとは知らなかったのでしばらく悩んでしまいました。

新しい写真アプリでは、アプリを開き写真を画像編集アプリのSkitchにドラッグ&ドロップできなくなったのが困り事です。

しばらく使い続けて解決策を模索します。


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク