伊豆屈指のつけ麺店 「麺 まる井」であぶら麺を食べてきたのでレビュー!


つけ麺まる井あぶらそば
伊豆でつけ麺と言ったらまず挙げられるつけ麺店が「麺 まる井」。

こってり濃厚なスープがやみつきになります。店の前を通るたび食べに寄ろうとするのですが、昼の12時に近づくと駐車場がいっぱいで毎回は入れない。駐車場自体斜め駐車で8台ぐらいしか駐められない狭い駐車場なので、大きめの車は少しキビシイです。

今回は11時過ぎに行くことができ、なんとか入れたのでつけ麺を注文したところ、鶏ガラが仕入れられないので2014年内はつけ麺は提供しないとのこと。

そこでメニューを見ると、以前あぶら麺は味噌しか無かったのだが醤油が追加されていたので、あぶら麺の醤油味中盛を食べてきましたのでレビューします!

スポンサーリンク

外観

金曜日の11時40分。なんとか車を駐められたがほぼ満車。店内の空き席は2席のみ。なんとか座れる。
麺 まる井外観

鶏の入荷が不安定なので年内は豚骨醤油ラーメンでの営業。
年内はつけ麺休止

通常のあぶら麺の量が200gなので250gの中盛はイケると思い、あぶら麺醤油味中盛850円を注文。
まる井メニュー

注文の際にあぶら麺には、マヨネーズ、にんにく、生卵がつくが、どれか要らないものはあるか聞かれるが、とりあえず全部入れてもらうことに。

実食!

実際に目の前に来て思ったのが、量が多い…250gじゃないだろ…。
あぶら麺醤油味

渡された際に言われたのが、最後にスープ割りができ、+50円でご飯を入れておじやにできる。ご飯は絶対無理だw

生にんにくはふたかけら付いていて上記写真の右上にある道具で潰してかける。

具はチャーシュー、ナルト、生卵、もやし、マヨネーズ、ネギ、一番上に盛られているのがチャーシューをほぐしたやつかな?断定はできないが、おいしかった。

そしてよく混ぜて食べると良いとのことなので、よ〜く混ぜて頂く。
混ぜた後

なかなかな見た目になってしまったが、この太麺をひとくち食べるとメッチャうまい!

醤油というより豚骨な感じもしつつ、箸はどんどん進んでいく。

ひとつ失敗したなと思うのがマヨネーズ。正直要らなかったなと思う。なぜなら食べるに連れてマヨネーズの味がしゃしゃり出てくる。

4割マヨネーズの味になってしまい、マヨネーズ麺を食べているかのようにさえ感じた。

そして終盤になって異変が。

味が濃すぎる。。。

どうやら混ぜが足りなかったようで、底にタレが溜まり、最強の濃さになっていた。麺の想定外の量もあり、満腹感も襲ってきたのでダブルでキツくなってきた。

ここで思い出したのがスープ割り。薄まればイケると考え、スープ割りを頼む。

しかし入れて貰えたのはちょっとだけw
多少薄くはなったがやはり濃いw
スープ割り後

それでもなんとか完食!

時間は12時を過ぎ、カウンター越しに代金を支払い出ようとすると後ろの待ち合い席は満席で立っている人もちらほら。

良い時間に来れた。

会計ネタ

以前まる井でみかけた話を一つ。

最近では、ラーメン屋で食券が当たり前になっているのだが、まる井は通常の会計。なので、食券に慣れた人が食べ終わるとそのまま出てしまう人がいる。

おばちゃんも慌てて呼び止め、お客も「あっ」と思い出し支払う。

それなりにあるシチュエーションなので最初はなんとも思わなかったが、その日は僕が店の中にいる時だけでなんと3回もその光景に出くわしたのだ。

客がグルになり誰がそのまま帰れるかというゲームをやっているのかと思うほどの頻度で、さすがに驚いた。

会計の種類がいろいろあり、一つの会計に慣れると大変だな〜と思った出来事でした。

スポンサーリンク

おわりに

超満腹で僕の少食の胃袋は限界突破しましたw その後24時間何も食べなくても平気だったのは驚きですw

でも、凄くおいしかったので次は並のマヨネーズ抜きを食べたいと思います!

店舗情報
店名:麺 まる井
会計:通常会計
住所:静岡県駿東郡清水町的場83−10


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク