「Jetpack」のサイト統計情報を日本語表示にする方法


Jetpack for WordPressロゴ
WordPressのアクセス解析やその他の便利な機能があるプラグイン、「Jetpack」。

私はアクセス解析をメインに使っていますが、英語表示でしたので日本語表示にする方法を紹介します。

スポンサーリンク

JetpackのWordPress.com 統計情報を日本語表示に

WordPress.comにログインをして右上のプロフィール画像にマウスオーバーして「Setting」をクリック。
Wordpress.com設定画面へ

「My Account」画面で「Interface Language」を「ja-日本語」にする。
ここをクリックした時にテキストボックスが出てくるので「j」を入力するだけで日本語の選択肢が表示されて便利。選択後「Save Change」をクリック
My Account 編集画面

以上の設定でWordPressのJetpackのサイト統計情報を見ると日本語表示になっています。

コードを更に理解する

WordPressをより自由に、思い通りに使用するにはPHPの知識が必要です。

PHPを学ぶには、Web上での情報や知識には限界があるので、人に教えてもらうのが一番の近道です。

そこでオススメなのが「CodeCamp」です。

マンツーマン指導なので、わからないことはすぐ聞けて、無料体験レッスンもあるのでどんな感じか試せます。


ITエンジニア専門スクールもオススメです。

スポンサーリンク

おわりに

WordPressの便利なプラグインや昨日は英語表記が多いですよね。

なるべく日本語表示にしてわかりやすくするために、日本語表示にできるものはガンガンやっていきたいと思います。


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク