香川で夕飯の時間でもうどんが食べられる「源内」のカレーうどんを食べてきた


カレーうどん

香川県といったらうどんです。うどんの食べ歩き自体が観光になっています。

車中泊の旅で四国を巡ったときに、うどんの食べ歩きをしたのですが、お昼は2軒が限界でした。

夕飯も食べよう!と思い店をいろいろ探すのですが、どこも15時辺りで営業が終わり、夕飯の時間に食べられるうどん屋がほとんどありませんでした。

なんとか見つけたのが「源内」。20時まで営業しているので夕飯もOK。

カレーうどんを食べてきましたのでレビューします。

スポンサーリンク

外観

源内うどん

時代を感じさせる外観に期待を膨らませ店内へ。

店内に入った瞬間、カレーのスパイシーな匂いに胃袋が刺激される。

カウンター席に座り、今日まだ食べていないざるうどんを注文。

今から茹でるので10分ぐらいかかるとのこと。

しばらく待っているが、カレーの良い匂いがとても気になる。

気になりすぎてカレーうどんに変更できるか聞くと大丈夫だということでカレーうどんに変更。

注文変更は生まれて初めてだ。

実食!

ドカッと、普通のうどんの丼より大きめだが、麺はふつうの一玉ほど。

具は油あげ、ネギ、かまぼこ、福神漬、中に肉。
カレーうどん

スープは程よくトロミがあり、うどんに良く絡む。
カレーが良く絡む

うどんは柔らかめ。

カレースープは辛めで食べていると汗が止まらない。

油あげと肉、福神漬が甘く味付けされているので良い辛さ休めになるが、それでも追いつかない辛さ。

僕は、辛いものを食べると汗をかきやすいのだが、メガネがズレるほど想像以上に汗をかきまくった。

一生懸命食べていると、店のおばちゃんが、

「辛いでしょ〜w」

と笑いながら水を追加してくれた。

「はい。辛すぎますw」

なんとか食べ終えて、汗を拭きながらのんびりしているとある異変に気付く。

水がちょっと変な味がする。

20年前東京で飲んだ水の味を10分の1程に薄めたような味。

辛さで麻痺しているのかと思ったが、どうやらそうではなさそう。

冷水機の問題か…?

スポンサーリンク

おわりに

辛いもの苦手な僕にはキツすぎる辛さでしたが、辛い物好きの人は好みの辛さかもしれません。

サウナに入っているかのような汗のかきかたでしたw

手打うどん 源内
夜総合点★★☆☆☆ 2.5

関連ランキング:うどん | 琴電志度駅志度駅オレンジタウン駅


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク