鹿児島旅行で絶対に食べたい「黒豚料理 あぢもり」レビュー!


あぢもり黒豚しゃぶしゃぶ
鹿児島旅行のメインイベント!

「黒豚料理 あぢもり」の黒豚しゃぶしゃぶが今までで食べたしゃぶしゃぶの中でダントツに美味しかったので紹介します!

ここのしゃぶしゃぶを食べると他のしゃぶしゃぶが物足りなくなりますよ。

スポンサーリンク

しゃぶしゃぶ用のスープ

あぢもりスープ
通常のしゃぶしゃぶと違うのがスープ。一般的なスープはお湯に昆布をくぐらせたダシのようなスープを使うが、あぢもりの黄金色に澄んだスープはそれだけでも料理の一品として飲めるほどのスープを使用。

ごまだれやポン酢を使わず、スープをくぐらせるだけで他に何もつけずに食べる。

むしろごまだれやポン酢は使ってはいけない。絶対に。

食べ方

コースが始まると女将さんが食べ方を説明してくれる。

まず、肉の皿の中央に薔薇のカタチに盛りつけたバラ肉を丸ごとスープの中に入れほぐし、スープの中で薔薇を咲かせる。あぢもり黒豚の盛り付け

女性店員さんが器用にほぐし、文字通り薔薇の花が咲く様は視覚も楽しませてくれた。

薔薇を投入

最初は何もつけずにそのまま頂く。
なにもつけずに!
うまい。

バラ肉一口で、ビールジョッキ半分まで一気に飲めてしまう旨さ。

あぢもりの豚しゃぶの恐ろしさはココにある。酒が進みすぎて普段飲まない量の酒を飲んでしまい酔っ払ってしまうのだ!

バラ肉が終わると、次に野菜を投入し残りの黒豚も適宜投入。そしてここからは器に生卵を割り、鍋のスープと1対1の割合にして食べる。

これが女将が説明してくれた食べ方で、十分美味しいのだが、野菜は最後に入れ、卵ははスープで割らずに肉を十分楽しむ食べ方をおすすめする。

野菜を入れることによってせっかくのスープが薄まり、肉への味の付き方が少し物足りなく感じたからだ。

卵に関しても、肉と合いとても美味しいが、食べるにつれて肉に付いたスープで卵が薄まり、卵の味がしなくなってくるから、スープで割らずにそのまま卵に付けて食べたほうが終始美味しく食べられると思う。

〆の細うどん

肉も野菜も楽しんだら〆の細うどん!

スープを追加してくれてからうどんを投入。

細うどんというところがこのスープに絶妙に合っていて、そこらのうどん専門店より断然美味しい!

スポンサーリンク

おわりに

実は2回目のあぢもりでしたが、最初に食べた強烈な印象のまま2回目も美味しく頂けました。

写真を撮るのを忘れるほどに食べることに集中してしまい、写真の少ないレビューとなってしまいましたが、この情報だけでもあぢもりへ行ってみたいという気持ちになって頂けたらなと思います。

デザートのアイス(シャーベット?)もあったのですが、気付いたら他のやつに食べられていたのでレビューはありませんw

日本酒(福岡 繁桝)もとても飲みやすい日本酒でしゃぶしゃぶとも合っていました。日本酒が好きでない奴も美味しいと言っていたのでこちらも試してほしいです。

鹿児島なので、芋焼酎もあり、飲むべきなのですが、私は苦手なのでスルーしてしまいました。。。

店舗情報

鹿児島■黒豚しゃぶしゃぶ発祥の店■黒豚料理あぢもり
鹿児島市千日町13-21 
TEL 099-224-7634

維新コース   4,200円(税込・サービス料別)を頼みました。
特選黒豚しゃぶ肉、野菜、小鉢、特製手延細うどん、デザート


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク