高知ぽかぽか温泉でまったり過ごせてガジェットの充電もしてくれた


高知ぽかぽか温泉

関西や四国、九州北部に点々とある「ぽかぽか温泉」。

今回は、高知県高知市にある高知ぽかぽか温泉に行ってきました。

サウナや露天風呂、泡風呂など入浴施設は一通りあり、休憩施設や飲食施設も充実しています。

リラックスしたと同時に、あるやらかしをしてしまいました。レビューと併せて紹介します。

スポンサーリンク

料金等(2015年11月現在)

料金

料金は中学生以上が690円、シニア(65歳以上)が510円。

貸しタオル60円、バスタオル110円

セット料金もあるが、

・貸しタオルセット(タオルとパスタオル)170円
・入浴料+タオルセット860円

と、特に安くなるわけではない。

他にもマッサージやエステなどもある。

Webサイト(高知ぽかぽか温泉)には入浴料しか書いておらず、貸しタオルがあるのか、あるとしたら幾らか分からないのが不便。

四国で温泉を探した時にほとんどのWebサイトで貸しタオルやシャンプーなどが備え付けられているかなどの情報がなかったのが本当に困った。

ここは洗い場にリンスインシャンプーとボディーソープが備え付けられていた。

充電もしてくれた

券売機で買った券を受付に持って行く。

その際に、休憩施設の電源を使っても良いか尋ねると、なんと受付で預かって充電してくれるとのこと。

休憩施設では自分がいる間しか充電できないが、受付で充電してくれるなら入浴中も充電できるのでとても助かる。

ただ、僕が充電したいのはMacBook Proとモバイルバッテリー。恐る恐る聞いたところ、快く充電してくれた。

受付内の電源で充電してくれたので、足元の客側からメッチャ見えるとこでの充電なので少し心配になったが、常に人はいるようなのでお任せすることに。

入浴施設

至って普通のお風呂。ジェットバスもボタン式で、ボタンを押してから一定時間出続ける。

露天風呂もあるが、天井が半分開いているだけで開放感は特に無い。

入浴した日は曇っていたのでただ暗い空があるだけ。

サウナ

タオルが敷かれているので、敷物を持って入るタイプではない。

温度もしっかり高温。

どれくらい高温かというと、メガネが壊れるくらいの高温。

僕は目が最強に悪いので、メガネ無しに入浴することはできない。

その流れで不用意にサウナにもメガネを持ち込んだらレンズにヒビが入ってしまった。
メガネ破損

2万5千のレンズが…orz

サウナの中では音声つきでテレビも見ることができ、手持ち無沙汰になりがちなサウナでは有りがたかった。

しかもココ数日ニュースを見ていなかったので、テレビのニュースは嬉しい。

が、

地元の常連らしき爺さん集団がすぐに相撲に変えてしまう。なんてテンプレ的な爺さんたちなんだと逆に感心してしまった。相撲の需要もしっかりあるのだ。

塩サウナ

面白かったのが塩サウナ。

初耳なので、興味津々で体験してきた。

塩サウナの中に入ると真ん中のプラスチック製の樽に「どん!」と粗めの塩が入っている。

普通のサウナはタオルが敷かれていたが、塩サウナはタイルむき出し。

そのまま座るのかと思ったら、近くにビート板のちっちゃい版の板があり、それを持って座りたいところに敷いて座るようだ。

塩をガッと手に取り体中に擦り込む。

格闘漫画の「バキ」に出てくるビスケット・オリバが、粗塩を肌に擦りこみ殴られても切れにくい肌にしていたことを思い出す。

これで切れにくい肌ができる感じはしなかったが、殴られる予定はないのでとりあえずよしとした。

高温だった普通のサウナに比べ、塩サウナはそれ程高温ではないので汗が出にくい。

それに加えてこちらのサウナのテレビも相撲なので早々と出ることに。

専用の出口から出ると、シャワーがあるのでしっかり塩をおとしてから他の施設へ行く。

アイス

風呂あがりにアイスを食べる。至って普通のアイスだが、風呂あがりに食べると格別にうまい!
風呂あがりのアイス

スポンサーリンク

おわりに

この施設の前に入浴した温泉ががっかりだったのでここはどうかとかなり心配していましたが、近年一般的なスーパー銭湯のクオリティで満足できました。
関連:「石鎚山サービスエリアにある「椿交流館 椿温泉こまつ」で入浴してきたが…。

ぽかぽか温泉はチェーン展開しているようなので、ここしか行ったことないですが、迷ったらぽかぽか温泉に行けばまず間違いはないかと思います。
リンク:「高知ぽかぽか温泉


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク