Macのキーボードショートカットの記号についてもう一度学びなおしてみた


Macキーボード
使いこなすと作業短縮に便利なショートカットキーですが、ショートカットキーの記号を曖昧に覚えていたので、試しながら探すという非効率なことを行っていたので、ここでしっかり覚えるため、まとめてみました。

「command」キーみたいにキーボードに記号が書いてあればわかりやすいんですけどね。。。

スポンサーリンク

Macのキーボードショートカット用の記号

Macのキーボードショートカットで使われるのは下記の記号

「command」キーのアイコン「command」キー
「control」キーのアイコン「control」キー
「option」キーまたは「alt」キーのアイコン「option」キーまたは「alt」キー
「shift」アイコン「shift」キー
「caps lock」アイコン「caps lock」キー
「fn」(ファンクションキー)

これを覚えないと始まらなない。「command」と「fn」はキーボードに印刷されているが、他のキーは覚える必要がある。

大文字のアルファベットはShiftはいならい

ショートカットキーの存在を知り使い始めた頃迷ったことがあります。

例えば「command+A」というショートカットがあった時、実際に押すボタンは「command」と「a」の2つのキーなのか、大文字の「A」なので大文字にするために「shift」を入れて「command」と「shift」と「a」の3つのキーを押さなければいけないのかということです。

結果的には「shift」は要らず、そのまま「A」を押せば良いだけでした。キーボードをよく見ると「A」は大文字表記なので、それを基準にすればよいわけですね。

日本語入力の先入観から生まれたちょっとした迷いでした。こういうちょっとしたところで英語圏の人は優位ですよね。

メニューバーから機能のショートカットを探す

メニューからアプリの機能をクリックして実行するとき、機能の横にショートカットキーが表示されていることがあります。

メニューバーのショートカットキー

このキーを使うとわざわざマウスを使いメニューバーからクリックすること無く、キーボードだけでその機能を使うことが出来ます。

上記画像の赤枠のショートカットキーは「shift」キーと「command」キーと「I」を同時に押すと画像を挿入する機能が使えます。

最後に

パソコン操作を快適にしてくれるショートカットキー。Mac全体で共通のショートカットキーからアプリ固有のショートカットキーまでいろいろあります。

一つ一つ覚えるのは大変ですが、記号さえ覚えてしまえばメニューバーなどから確認もできますので、マウスをなるべく使わず、素早く操作するためにしっかり覚えていきたいと思います。


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク