経験知ロゴ

MacBook Proの蓋が閉まらないのはバッテリーの膨張が原因

Macbook pro の蓋が閉まらない

MacBook Pro 2018を使いはじめて2年近く経った頃、蓋がピッタリ閉まらず、少し浮いた状態になりました。

最初はフレームがひん曲がったのかなと思いましたが、調べて見るとバッテリーの膨らみが原因のようで、MacBook シリーズにはよく起きるようです。

MacBook Proは2013年から使いはじめ、2018年モデルで3台目ですがバッテリーが膨らんで蓋が閉まらなくなったのは初めて。

一応バッテリーを調べてみました。

「設定」を開き「バッテリー」をクリック。
システム環境設定のバッテリー

左メニューの「バッテリー」をクリックすると、「バッテリーに関する重要なメッセージ」にバッテリーの状態が書かれています。
バッテリーの状態

僕の場合、「バッテリーの容量が著しく低下しています。容量を回復させるには、修理サービスオプションをご確認ください。」と表示されています。

2年程度でかなりの消耗。

使い方としては、外部ディスプレイにつないでクラムシェルモードで使っていました。

使用時間は1日10時間前後。

使用しているディスプレイはEIZOのFlexScanEV2785です。
最高品質の4Kディスプレイ!EIZO FlexScan EV2785レビュー

外付けディスプレイにクラムシェルモードでつなぐ方法は、初めてMacBook Proを買ったときから使っているので、バッテリーが膨らんだMacBook Pro 2018だけ特別過酷な使い方をしたわけではありません。

MacBook Proの保証期間は1年間ですが、バッテリーに関する問題は3年まで対応してくれるというネットの情報を見つけたので、サポートに連絡することに。

Appleのサポートは、保証期限が切れたデバイスでサポート申請すると、メールや電話のサポートが選択できないのですが、試行錯誤したらサポートと電話できました。

バッテリーが膨らんで蓋が閉まらないことを伝えると、いろいろなことを聞かれた結果、MacBook Pro2018はバッテリーに関する交換プログラムが出ていないので対応できないとのこと。

修理に出しても修理料金がかかるようです。

2年でバッテリーが膨らんで蓋が閉まらなくなるのは納得できず、無料修理の交渉をしましたが、話は堂々巡りをし、30分近く話しをした末めんどくさくなって修理を諦めました。

Appleのサポートは何回か受けたことがありますが、年々質が落ちているのが残念です。

まぁ、もう既にMacBook Proは殆ど使っていないので良いかなと。

WindowsのLIFEBOOKが640gと超軽量で持ち運び最強で、満足して使っています。

おわりに

MacBook Proの蓋が閉まらなくなる原因はバッテリーの膨らみでした。

2年経たずに膨らんだのに対応してもらえませんでしたが、しばらくMacは使う予定はないのでほっときます。

MacBook Proは1,370g。

640gのLIFEBOOKを2台重ねてもLIFEBOOKの方が軽いという謎現象。

今MacBook Proを持つと重すぎて持ち運びする気が起きません。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから