MarsEditのプレビューを簡単に自分のブログのデザインにする方法


MarsEditのロゴ

書いた記事がリアルタイムでプレビュー表示されるとても便利なMarsEdit。しかし、デフォルトのプレビューだと自分のブログに記事をアップロードした時の表示がプレビューと異なり、Wordpress上で修正するという二度手間になったりします。

そこで、自分のブログのHTMLとCSSをMarsEditに反映させて、プレビューで自分のブログとほとんど同じ表示を確認できるテンプレートの設定方法を紹介します。

スポンサーリンク

テンプレート用のHTMLを準備する

WordPressの「新規投稿を追加」の画面で、タイトルに「#title#」、本文に「#body##extended#」と入力し「プレビュー」をクリック。
新規投稿を追加する

表示されたページ上で右クリックをして「ページのソースを表示」をクリック。表示されたHTMLをコピーする。
ページのソースを表示する方法

MarsEditでEdit Preview Templateを設定する

MarsEditを開き、テンプレートを反映させたいブログを右クリックして「Edit Preview Template」をクリック。
MarsEditでEdit Preview Templateを表示させる

表示させたエディタを全て選択し、先程コピーしたHTMLを上書きペーストする。
Marsedit Preview Template

GoogleAnalitycsなどのアクセス解析ツールを使っている場合は、余計なアクセスが増えてしまうため、アクセス解析コードを削除する。
「command+F」で検索窓を出し「GoogleAnalytics」と検索し、該当箇所を削除する。
googleanaliticsコードを削除する

「Save Change」をクリックする。
プレビューテンプレートの編集を反映させる

以上の設定で、MarsEditでブログを書くときのプレビュー画面が、実際のWordpressのデザインとほぼ同じ表示になる。

改行も反映させる

MarsEditプレビューの改行がなかなかの曲者で、エディターで改行してもプレビューでは反映されないなどの問題があるので、「Preview Text Filter」を設定して思い通りの改行にする。
メニューバーの「Blog」→「Edit Settings…」をクリック。
メニューバーからedit settingsを選択

「Editing」→「Preview Text Filter」を「Convert Line Breaks」に変更する。
preview text filter

これでエディター内の改行もプレビューに反映されるが、2行までしか反映されないため、改行を多用する人には物足りないかもしれない。

私は改行を多用したいので、エディター内の改行ではなくbrタグを使い改行しています。「command+return」で簡単に挿入できるのでそれほど苦ではありません。

最後に

改行において不満点が残るものの、自分のブログと同じ表示でプレビューをすぐ見られるのはとても便利で、投稿が出来上がっていくのを見ていると楽しくすら感じます。

ただ、1点だけ最強に不満なのが、画像を挿入した時にプレビューのスクロール位置が上にズレてしまうことです。

長い文章を書いてプレビュー画面をスクロールして確認していたのに、画像を挿入すると上に戻され、もとの位置に戻るのに下にスクロールしなければなりません。

画像を沢山挿入するとその度にスクロールするのが面倒なので、今は全部書き終わってから確認するようにしています。

これさえ改善できればもっと使いやすくなるのにな。。。解決策を知っている方がいれば教えていただきたいです。


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク