経験知ロゴ

モンベルの超軽量ダウンジャケット「プラズマ1000ダウンジャケット」レビュー

モンベルプラズマ1000ダウンジャケット

海外旅行の防寒用ダウンジャケットを、荷物軽量化のため、モンベルのプラズマ1000ダウンジャケットを購入しました。

公式サイトに書かれている重さは平均130g。僕が使ってきたダウンジャケットは240gなので、100g以上の軽量化が見込めます。

Lサイズを購入し、実際に使ってみましたので紹介します。

商品写真

モンベルの公式サイト通販で購入しました。持っただけでその軽さに驚きます。
モンベルプラズマ1000ダウンジャケット袋に入った状態

袋から出した状態。
袋から出したあとの上半分部分

首部分。タグと引っ掛けるためのループが付いている。
首部分のタグと引っ掛けるループ

ジッパーの最上部には、ジッパーが直接アゴに当たって冷たくならなよう、返しがしっかりついている。
ジッパーの返し部分。ジッパーが隠れるので冷たくない

ジッパーの下部分。ジッパーが直接当たらないための裏地は下までしっかりついている。
ジッパーの下部分

左胸部分にあるモンベルのロゴ。しっかりと刺繍されている。
モンベルのロゴ

手首部分はゴムになっている。程よい締め付けで、着るときも邪魔にならないし、隙間もそれほどできないので手首から熱が逃げる感覚はない。
手首部分

両サイドにはポケット。縁にゴムが付いているので多少伸縮性がある。ジッパーが付いていないので、手を入れたときの感覚は良いが、物を落としそう。
ポケット。ジッパーはついていない

内側は外側と同じ生地。
内側のタグ部分

収納袋もしっかりついている。
収納袋

収納袋の口部分。
収納袋の口部分

収納袋の重さは約6g。
収納袋の重さ

ダウンジャケットを収納した重さは147g。収納袋が6gなので、ダウンジャケット自体は約140g。
ダウンジャケットの重さ

公式サイトの表記では、平均約130gとのことだったが、多分Sサイズの重さで、Lサイズは140gだった。

登山用品メーカーなので、この辺はサイズごとにしっかり重量を表記してもらいたいなと思う。

収納後のサイズは10×14cmで、片手で持てるしとても軽い。
片手で簡単に持てるコンパクトサイズ

実際に使って良かったところ

実際に使ってみて良かったところを紹介します。

圧倒的な軽さ

一般的なインナーダウンジャケットは大体200g前後で、それでも十分軽いのですが、プラズマ1000ダウンジャケットはLサイズで140gと更に軽いです。

荷物を軽量化するためには、数十gの軽量化はとても重要なので、少しでも軽くしたい僕にとってはうってつけのアイテムです。

この軽さの商品は、他のアウトドアメーカーでも見つけられないので、軽さを求めるならモンベル一択と言って良いと思います。

軽さは正義。

程よい暖かさ

軽いからと言って、インナーダウンの性能が低いということはありません。

1000フィルパワーのダウンが、しっかりと空気の層を作ってくれるので、インナーでの保温力は抜群です。

ジッパーを一番上に上げたときも、ジッパーがアゴに当たらないようになっているので、無駄な寒さを感じることはありません。

ユニクロなどのインナーダウンは、安くて温かいですが、ジッパー処理をしっかりしておらず、せっかくの暖かさがジッパーがアゴに当たることにより冷たさを感じてしまうのが残念ですからね。

実際に使ってイマイチなところ

実際に使ってイマイチだったところも紹介します。

冬のアウターとしてはキツイ

インナー用のダウンなので、アウターとして使うのは使用方法としては違うのですが、やはりアウターとして使うのはキツイです。

ロングTシャツ、フリース、プラズマ1000ダウンジャケットの組み合わせで、気温10度の深夜に散歩してみましたが、熱がみるみる逃げていくのが感じられました。

春・冬などの15度前後のアウターとしてなら使えると思いますが、10度以下になるとアウターとしてはキツイです。

防風系のジャケットを上に着れば、しっかりと空気の層を保ってくれるので暖かくなります。

羽毛の偏りがある

プラズマ1000ダウンジャケットは、独自の構造で、ジグザグに縫い目があります。

縫い目部分は空気の層ができないので、熱が逃げたり保温できません。

その縫い目を少なくするジグザグの構造は、保温するために一役買っているのですが、完全にブロックになっておらず横につながっているので、ダウンが片方に寄ってしまうことがあります。

密度的にも、パンパンではなく、多少スカスカなのもダウンの偏りを助長しています。

その場合、偏ってしまった部分を表と裏からジグザグに沿って優しく叩いてあげると、面白いようにもとに戻ります。

寄る度にパンパンするのは面倒ですが、普通に着ていて極端に寄るということはないので、それほど気にしないで使っています。

表面がパリパリ音がする

表面の生地が、触るとパリパリ音がするのが気になります。

ちょっと体を動かしたりすると、生地同士がこすれていないのにパリパリしますからね。

ただ、モンベルのダウンジャケットは大体この生地で、アルパインダウンジャケットを購入したときも生地のパリパリが気になっていたのですが、着続けているうちにしんなりしてきて今ではパリパリ音なしで使えています。

なので、プラズマ1000も着続けていればそのうちしんなりしてくるはずなので、気長く着続けていきたいと思います。

アウトドアグッズを売って新しいグッズを買おう!

使わなくなって家の片隅で眠っているアウトドアグッズが売れるんです!!

買うトドアなら自宅にいながら送料無料で査定でき、買い取り価格が気に入らなかったら返送料無料で送り返してくれるので、お金もお店に行く時間もかからずにアウトドアグッズを売れます。

もちろん、売りたい商品を入れて送るダンボールなども買うトドアが無料で送ってくれるので、自分で用意する必要がありません。

家のスペースを占領している使わなくなったアウトドアグッズを買い取りに出し、今自分が欲しいアイテムを買う足しにしましょう!

新しいグッズを買えたらアウトドアが更に楽しくなってたまらないですよね〜♪



おわりに

海外旅行のアウターとして使いたかったので、10度前後で使えなくなるのは残念ですが、軽さと暖かさが素晴らしいので、インナーとしては最高だと思います。

春や秋など、夜寒くなるかもしれないからとりあえず持っていきたいというときも、コンパクトになってしかも軽いので持っていきやすいのも良いです。

見た目も街着としても使えるので、登山や街着など、幅広く使えるのも良いですね。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから