Nginxで「www」有り、無しのURLを統一する方法


nginx
スマートフォン用ブラウザのSafariなどには、アドレスバーに直接URLを入力すると自動的に「www」を付けてしまうブラウザがあります。

例えば、このブログのURL

keikenchi.com

と入力すると

www.keikenchi.com

にアクセスしてしまうのです。僕のブログでは「www」付きのアクセスの設定をしていなかったので、エラーが表示されていました。
ウェブページにアクセスできません

ユーザビリティやアクセスアップのためにURL周りの間口はしっかりしておいたほうが良いので、Nginxで「www」がある場合、無い場合でもアクセスできるようにする方法を紹介します。

スポンサーリンク

サブドメインの設定

まず、ドメイン管理会社のホームページで「www」付きでのアクセスをできるようにする。

ムームードメインの場合は「ムームードメインでサブドメインを設定する方法」の方法で「www」をサブドメインに設定。

「www」付きURLから「www」を外す

「default.conf」を開く。

$ sudo vi /etc/nginx/conf.d/default.conf

下記コードを通常のサーバ設定の上に追加する。(example.orgを自分のURLにする)

server {
    listen       80;
    server_name  www.example.org;
    return       301 http://example.org$request_uri;
}

追加後はこんな感じになる。

server {
    listen       80;
    server_name  www.example.org;
    return       301 http://example.org$request_uri;
}

server {
    listen       80;
    server_name  example.org;
    …通常のサーバーの設定が続く
}

「www.example.org」でアクセスしてきたら「http://example.org」に301でリダイレクトしてパラメータも渡すという処理を行う。

保存したらサーバを再起動

$ sudo service nginx restart

「www」無しURLに「www」を追加する

先ほどの逆バージョン。変更後はこんな感じ。

server {
    listen       80;
    server_name  example.org;
    return       301 http://www.example.org$request_uri;
}

server {
    listen       80;
    server_name  www.example.org;
    …通常のサーバーの設定が続く
}

保存したらサーバを再起動

$ sudo service nginx restart

「www」有り、無しどちらでもアクセスできるようにする

「www」有り、無しどちらでもアクセスできるようにする設定はこんな感じ。

server {
    listen       80;
    server_name  example.com www.example.com;
    ...通常のサーバーの設定が続く
}

server {
    listen       80 default_server;
    server_name  _;
    return       301 http://example.com$request_uri;
}

保存したらサーバを再起動

$ sudo service nginx restart

コードを更に理解する

WordPressをより自由に、思い通りに使用するにはPHPの知識が必要です。

PHPを学ぶには、Web上での情報や知識には限界があるので、人に教えてもらうのが一番の近道です。

そこでオススメなのが「CodeCamp」です。

マンツーマン指導なので、わからないことはすぐ聞けて、無料体験レッスンもあるのでどんな感じか試せます。


ITエンジニア専門スクールもオススメです。

スポンサーリンク

おわりに

「www」付きのULRでアクセス出来ないことに気付いたのはWordCamp Tokyo 2014(WordCamp Tokyo 2014 へ行ってきたよレポート)の懇親会で、名刺交換していただいた方に指摘されて気付きました。

名刺交換してすぐにこのiPhoneでブログにアクセスして頂いた所、ページが表示されず、原因もすぐに突き止め教えて頂きました。

普通に生活していたら絶対に気づかないことですので、改めて懇親会に参加したり、他の人に直接ブログを見てもらう大切さを実感しました。


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク