経験知ロゴ

ニトリの超軽量薄型 ひのきまな板レビュー!軽くて使いやすい~!

ニトリひのきのまないた

ニトリの超軽量薄型ひのきまな板を購入しました。

今まで重いまな板を使ってきましたが、軽くてとても使いやすく気に入っています。

ニトリのひのきまな板は色々種類があり、僕が購入したのは「超軽量薄型」で、吊るせる用の穴が空いているタイプで2,490円でした。

他のひのきまな板(最安税込1,518円)と比べると高めですが、軽く使いやすいので問題なしです。

実際に使ってみた感想を紹介します。

ニトリ 超軽量薄型 ひのきまな板の写真

包装はシンプルにビニールと説明用紙のみ。
ニトリのひのきまな板

開けた瞬間ひのきの香りが広がる。かなり強めに香るので、ニオイが苦手な人はキツイかもしれないが、使っていくうちにほとんど無くなる。
開けた瞬間ひのきの香り

分かりづらいが、短辺の両サイドが、三角状になっていて、表でも裏でも指を引っ掛けやすく持ち上げやすい。
横の溝

重さは399g。一番安いひのきまな板は約600gなので、200g軽い。
重さは399g

軽いので、吸盤フックにもかけられる。
軽いので吸盤フックにもかけられる

フックを使うと壁との間に隙間ができて通気性も良い。
壁との隙間

使ってみて良かったところ

実際に使ってみて良かったところを紹介します。

圧倒的な軽さ

まずはその圧倒的な軽さです。

まな板は重いものという認識があったので、初めて持ったときその軽さに驚きました。

実際に使っても、まな板を取り出したり片付けるのも軽いからとても楽です。

洗っている時も、軽いので片手で持って片方の手で洗うのも楽々。

重いまな板って、出すのもしまうのも洗うのも重くて嫌になりますが、軽いとそれらの悩みが解消され、一気に使いやすくなります。

料理をする際のストレスが軽減されたのはとても良かったです。

ズレたりたわんだり振動したりしない

軽いまな板というと、プラスチック製などのまな板がありますが、そういうまな板って、切るときの動いたり、硬いものを切るときにたわんで力が逃げて切りづらかったり、振動して不快だったりするのですが、このまな板は大丈夫です。

切っていてまな板がずれるということもないし、しっかりとした剛性があるのでたわんだりしません。

振動というか、切ったときの衝撃で少し音が響くことがありますが、特に気になること無く、普通のまな板として使えています。

持ち上げやすい

短辺の両サイドが三角状になっているので、指を引っ掛けやすく持ち上げやすいです。
横の溝

思いまな板で側面が平らなものは持ち上げづらいですが、このまな板は軽くて持ち上げやすいだけでなく、指が引っかかりやすい構造になっているので、持ち上げる時も楽です。

底面が見ずに濡れてしまったとき、表面張力で更に取りづらくなるのですが、指が引っかかると簡単に持ち上げられます。

これがとても便利で、他のまな板もこの構造を真似した方が良いと思うくらいのナイスアイデアです。

引っ掛けて収納できるので衛生的

引っ掛け得る穴がついていて、軽いのでフックにかけて収納することができます。

通常まな板を片付けるとき、まな板スタンドを使うと思うのですが、まな板スタンドは足部分に水が染み込み、カビやすいです。

掃除を頻繁にしなければならいのが面倒ですし、キッチンの作業部分をまな板スタンドに取られるのもスペースの無駄。

フックに引っ掛けることができれば、まな板スタンドのスペースも必要ないし、掃除も必要ありません。

フックに引っかかって宙に浮いている状態なので、通気性もよく乾燥しやすく衛生的です。

取り出し片付けも、フックから外してかけるだけなのでとても楽。

耐荷重のあるフックを使う必要がありますが、まな板をかけて収納できると、スペースの有効性と衛生面、見た目も良くなるなどいいことばかりです。

使ってみていまいちなところ

使ってみてイマイチだったところも紹介します。

傷が付きやすい

使い始めて驚いたのが、包丁傷が付きやすいことです。

ニトリの説明には「柾目がち密で刃傷がつきにくい」と書かれていましたが、包丁傷めっちゃ付きます。

初めて使ったとき、人参を切ったのですが、強めに切った勢いで包丁がまな板に当たると「サクッ」という感覚でまな板に傷が入りました。

今まで使ってきたまな板の中で、一番傷つきやすいと感じています。

刃傷が付きやすいので切るときに少し慎重になってしまいますが、刃傷がついてもそこまで深くないのでそのまま使い続けています。

香りが強すぎるかも

開封したときの「ひのきの香り」の強さに驚きました。

ひのきの香りが苦手な人にはかなり辛いかもしれません。

キッチンにもひのきの香りが漂い、食材にもニオイが移るのではという程です。

ですが、1週間ほど使うとニオイは気にならなくなります。

鼻を近づけて嗅げばかすかにひのきの香りがしますが、普通に使っていたら全く気になりません。

おわりに

まな板が、軽く持ちやすく壁にかけられるだけで、使いまわしが圧倒的に楽になりました。

まな板立てを使っている人は、「超軽量薄型 ひのきまな板」を使うことで、壁に掛けるスタイルを試してみてもらいたいです。

めっちゃ快適になりますよ!

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから