話題のnoteで登録するときに注意することとメッセージの仕様


note

ブログのように使え、記事を販売できる「note」。

話題になっているので登録して記事を購入してみたのですが、登録につまづいたのと、noteのメッセージの仕様にハマりました。

その過程やメッセージの仕様について紹介します。

スポンサーリンク

noteの「登録する」ボタンが反応しない

新規会員登録するときに、必要事項を入力したのに「登録する(無料)」ボタンをクリックしても反応がない。

何度クリックしても反応がない。

原因

結論から言うと、原因はアカウントに使えない大文字のアルファベットを使っていたから。

noteのアカウントはFacebookとTwitterのアカウントを使って登録できる。

僕はTwitterアカウントを使用して登録した。Twitterアカウントを使うとユーザー名のところにTwitterのアカウント名を自動で入力してくれる。
勝手に入力してくれる

この状態で他の項目を入力し、「登録する」ボタンをクリックしたが反応がない。

いろいろ試行錯誤して、ようやく気づいたのが下に書いてあるエラーメッセージ。
エラーメッセージ

この画面が表示された時に最初から表示されていたので、入力内容に対するエラーメッセージではなく、入力欄の注意書きだと思ってスルーしていたorz

ちゃんと読むと「半角英数字(小文字)」とちゃんと書いてあったので、僕のアカウント「iTotuo」の「T」がエラーになり登録できなかったのだ。

せめて「登録する」をクリックしたらエラー箇所の色が変わるなどのアクションがあると分かりやすかったと思う。

因みに、登録完了後ログインするときにIDも使えるのだが、ここに入力するIDは大文字でもログインできる。

「itotuo」で登録したのに「iTotuo」でログインできるのだ。

謎仕様。

メッセージボックスがない

noteで記事を購入すると、販売者からnoteに登録したメールアドレスにnote経由でメッセージが届く場合がある。

僕が購入したのは「【PVの推移も初公開!】ブログ「ヨッセンス」が月間100万PVを達成するまでの道のり|プロブロガーのヨス|note」で、販売者のヨスさんから丁寧なメッセージが届いた。

そのメッセージに対して返信をしたかったのだが、noteのどこを探してもメッセージ管理する場所がない。

仕方ないのでFacebookのメッセージで返信すると、noteのメッセージは一方通行でやり取りできないことも教えてもらった。

noteにはFacebookの「メッセージ」やTwitterのDMのような直接やり取りするツールは無いようだ。

記事にコメントすることはできるので、やり取りしたい場合はそちらを使うのも手かも。

スポンサーリンク

おわりに

自分の情報発信やマネタイズにも使えるnote。

僕はまだがっつり使う予定はありませんが、新しいことにはいろいろ挑戦していきたいと思います。


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク