経験知ロゴ

コイン相場アプリとZaifをAPIを使って連携させる手順

zaif API

仮想通貨のチャートをスマホアプリで見られるアプリ「コイン相場」は、取引所や各仮想通貨のウォレットを連携させ、アプリで資産状況を見れたり取引できたりします。

僕が使っている取引所はZaifですが、連携手順が分かりづらかったので、コイン相場とZaifを連携させる手順を紹介します。

APIキーをコピペする必要があるので、スマホで作業したほうが楽なので、全てスマホでの操作です。

ZaifにログインしてAPIキーを取得

Zaif(ザイフ)にアクセスし、右上の「三」をタップして「ログイン」をタップ。
ログインをタップ

Zaifアカウントにログイン。
zaif

ログインが完了したら右上の「三」→「アカウント」をタップ。
ログインが完了したらアカウント

下にスクロールしていき、「開発者向けAPI」をタップ。
開発者向けAPI

更に下にスクロールし、二段階認証入力欄があるので、2段階認証コードを入力して「Submit」をタップ。
二段階認証

APIキーを取得するために、フォームに入力します。

名前は自分が後で見て分かりやすい名前を入力し(例えばZaimなど)権限を「info」にチェックを入れ、コイン相場で取引をしたい場合は「Trade」にもチェックを入れる(外部アプリで取引できると、APIキーが漏れたときに取り返しがつかないのでTradeにチェックは入れないのをオススメします)。チェックを入れたら「Create」をタップ。
APIキーの取得

APIキーが発行されました。このキーを使うと残高にアクセスできてしまうので、他人に知られないようにしてください。
APIキーが発行

コイン相場での設定

コイン相場を開き「ポートフォリを」→「データを追加」をタップ。
ポートフォリオ

「APIを連携」をタップ。
APIを連携

「Zaif」をタップ。
Zaifをタップ

先ほど作成した「API Key」と「Aecret Key」をコピペします。「ラベル」は「Zaif」など、何のAPIかわかり易い名前を入れ、「連携」をタップ。
シークレットキーの設定

画面下に残高同期されている%が表示されます。これが100%になるまで待ちます(数分かかります。)
残高同期

同期完了後、「ポートフォリを」を見るとZaifで購入した仮想通貨を確認できます。

おわりに

APIキーの場所と、二段階認証が分かりづらかったです。

トータルの損益を表示してもらいたかったのですが、残念ながら対応していませんでした。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから